ページトップへ

ブログ

 

皆様、お久しぶりでございます!

注文住宅事業部の澤田竜斗でございます(^^ゞ

 

本日は寝室についての考察をしていきたいと思います!!

寝室のあり方について、今までのお客様からお聞きした内容や澤田が思うことについて取りまとめてみました。

 

まず澤田から知っていただきたい事を簡潔にお伝えします!

 

寝室とは一日の「始まりと終わり」を迎える大切な場所です。

厚生労働省の睡眠時間調査では日本全国の平均は6時間~7時間という結果が出ています。

年齢や性別で多少の差はありますが、一日の3分の1~4分の1は寝室で過ごしているのです。

普段お仕事等で外に出られている方は一番多く過ごす空間が寝室になります。

なので寝室はとても重要な場所なのですっ!!! ← 結論

 

そして睡眠は時間でなく質だと言われています。質のいい睡眠は寝る前の行動と寝室のつくり方に関係しています!

寝る前の行動については、また別の機会にでもお話ししましょう…。

 

では寝室での考え方や検討事項についてお話します!

 

●寝室の大きさについて●

まず寝室の大きさを考える時に大切なのが、寝るのに必要なスペースを知ることです。

…ベッド派なのか布団派なのか、間を取ってマットレス派というのもありますが、とりあえずだいたいのサイズ感をお伝えしますね!

※ちなみに澤田は折りたたみのソファベッドに厚さ20cmのスプリング入りのマットレスを置いて、その上に布団を敷いて寝ます。オールマイティ澤田です。

 

どれも長さは同じ(200cm前後)で幅が広くなっていきます。

・セミシングルサイズ(幅80cm前後)=子ども用。

・シングルサイズ(幅100cm前後)=普通に一人用。

・セミダブルサイズ(幅120cm前後)=ゆったり一人用。身体が大きい人や寝相が悪い人、大の字で寝たい人など。

・ダブルサイズ(幅140cm前後)=一応二人用。大人二人は少し窮屈かも?大人一人と小さいお子様向け。

・クィーンサイズ(幅160cm前後)=普通に二人用。大人二人+小さいお子様もいけそう。

・キングサイズ(幅180cm前後)=ゆったり二人と小さいお子様も。

 

勘違いされている方が多いようですが、ダブルサイズはシングルサイズ2つ分ではないんです!これ豆知識です!

一部屋で寝る人数を考え、上記を参考に寝室の大きさをご検討ください!

 

 

●寝室での暮らし方について●

現在の暮らし方を参考に今後どうしていきたいかを検討します。

大きく分けると2つのパターンに。

 

①睡眠をとるだけの空間にするパターン

・ベッドか布団のみ

②セカンドリビングとしても使うパターン

・TVやDVD鑑賞

・読書

・冷蔵庫スペース

・お気に入りの家具、家電スペース

・お化粧をするスペース

・カウンター

・趣味etc.

 

理想は質のいい睡眠時間を得るために、寝るためだけの部屋にすることです!

ただ暮らし方は人それぞれなので澤田の個人的な意見だと思ってください。

 

私は職業上、お客様とのお打ち合わせで様々な意見や暮らし方をお聞きしています。

暮らし方は本当に人それぞれで、メリットやデメリットも人それぞれです。

過去のプラン実例や、暮らし方を参考に様々なご提案をしています!

 

長くなったので次回に続きます。

次回は寝室のレイアウトや照明、収納についてお伝えします!

では(-ω-)...zzZ

 

 

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求