ページトップへ

ブログ

こんにちは☆ 設計営業の大橋です☆

住宅業界ではZEH(ゼロエネルギーハウス)が今の注目です。

ZEHは住宅を極力省エネルギー化して、さらに創エネ設備を搭載することで消費するエネルギー量を概ね「0」にする住宅のことをいいます。

 そんな取り組みの中、全熱交換型換気システムが気になり問い合わせてみました。

全熱交換型換気システムとは、簡単に言うと「換気の時に部屋の温度があまり変わらないようにする換気扇」です。
(ちょっと簡単すぎて説明不足ですが・・・詳しくお知りになられたいかたは 大橋 まで)

メーカーさんに来てもらって実物を確認。

全熱交換型換気システム1
※真ん中の雑誌はA4サイズです。

第一印象は「大きい・・・」

全熱交換型換気システム2

やっぱり「大きい・・・」

全熱交換型換気システム3

外部につくフードも「大きい・・・」

もともとドイツや北欧の方ではよく使われているようですが、それに比べると日本の住宅は壁の厚みが薄く、どうしてもこの大きさになってしますようです。

インテリアや外観をデザインするときにちゃんと考えないと・・・

大きさはさておき、断熱・気密性能を高めるなら、こういった部分も今後は考慮していくべきかと個人的には思います。

もちろんZEHを考えるなら住宅性能はプラスになります。

色々と考える内容が多い住宅ですが、お施主様にとってベストな提案ができればなぁと思っております。

日々勉強して、よいご提案ができるように頑張ります!!

 

それではまた☆

 

 

 

ー京都・滋賀で注文住宅を建てるならデザオ建設へ!ー

資料請求来場予約フリーダイヤル