ページトップへ

ブログ

 

お魚くわえたドラ猫~♪ 追~っかけて~♪ 裸足で~かけてく~

注文住宅事業部の澤田です。東芝の提供です。

なぜサザエさんのテーマ曲かは前回の澤田のブログ参照です。

 

 

ただ、書いて保存していたものが消えました。このショックは計り知れません。

 

書いていた内容を思い出しながらボチボチいきます。

 

さっそく澤田が最近思っていることからお話ししましょう!

お花見のことです。今年は開花が遅いですね。

ところで花を見て楽しいかな? お花見ってだけでみんなテンション高くない?

そう思っているわけですが・・・。

 

綺麗な桜の花はすぐに散ってしまうことから江戸時代までは嫌われていたそうです。

偽客やまわし者のことをサクラと呼ぶのもパッと咲いてパッと散るからだとか・・・。

それまでは花見と言えば梅を見ることが一般的だったそうです。

万葉集に桜より梅の歌の方が多いのも納得ですね。

豆知識澤田です。

なぜ花見=桜の花なのかは諸説あるので、調べてみてください!

情報不足澤田です。

桜の綺麗な時期はほんの数日。しかしその瞬間にしかない美しさがいいのだなと思いました。

 

 

桜の花や花粉にはエンドルフィンとエフェドリンという物質が含まれているそうです。

エンドルフィンは、脳内麻薬・快楽物質とも言われています。

ランナーズハイのアレです。

エフェドリンは交感神経を刺激する物質です。

咳止め薬のアレも同じようなもんです。

なるほど。テンションが上がるわけですね。

 

イエェェェエェエエイ!!!

ハイテンション澤田です。

かなりサンシャインです。

 

そこにアルコールが混じれば羽目を外す人も出てくるでしょう。

ここで一句。

乱れ咲き 美しいのは 短期間 記憶と共に 散る桜かな

ポエマー澤田です。

アルコールに弱く、お酒で羽目を外すタイプです。

そして桜が散るころには忘れています。

 

 

桜の話はこれくらいで本題に入ります。

 

 

ダイニングについての考え方です。

ダイニングとは英語で食事のこと。つまりご飯を食べるスペースです。

レイアウトとしては以下の4つがあげられます↓

 LDKバリエーション

 

それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

一般的に多いLDKタイプですが、広々とした空間で家族間でのコミュニケーションが取れたり、コンパクトにまとめることができる一方で、不意の来客時にはキッチンやダイニングが丸見えになったり、キッチンやダイニングの匂いが広がりやすいので換気や風通しの計画が重要になります。

 

L+DKタイプはリビングが独立しているので、リビングでゆっくりしたい方には向いているかもしれません。ただ家族間でのコミュニケーションを大事にされたいのなら家族全員が一緒に食事が出来る時間帯・ライフスタイルが望ましいです。来客があっても気兼ねなく食事が出来て片付けも楽ですが、DKスペースが狭いとゆとりがなくなります。

 

LD+Kタイプは奥様が料理好きであったり、キッチンは奥様の城・テリトリーというパターンが多いです。キッチンを隠すことで生活感を無くしてスッキリした生活が出来ます。またリビングダイニングと切り離せるのでインテリアや装飾も奥様好みに仕上げられます。

 

L+D+Kタイプはあまり見かけませんが、各お部屋の用途がハッキリしているので家族みんなの時間帯がバラバラな方にはいいかもしれません。ただ各お部屋が仕切られているので狭く感じます。建物面積にゆとりがないと難しいですね。

 

 

ダイニングは今までのライフスタイルが大きく出てきます。

まずテーブルか座卓かで意見が分かれます。

澤田は座卓で育ってきました。

 

奥様の家事動線についても要チェックです。ダイニングテーブルはキッチンカウンターの前なのか、横なのか、離すのか。

家族構成によってテーブルの大きさやカタチ、イスの数も検討事項の一つです。

最近はソファダイニングというのもあるようですね。

 

パーティーはするかしないか、ダイニングでするかリビングでするか。

友人を呼ぶ機会が多いかどうか。んー。パーティーしたいですねぇ。

誰か澤田とたこ焼きパーティーしてください。

中に何を入れるかがセンスの見せ所です。

チーズ、もち、明太子、キムチ、ツナ、コーン、あえてのイカとか。

ソースで差をつけるのもいいですよね。

たこ焼きソースはもちろん、おろしポン酢、醤油マヨ、岩塩、デミグラスソース、カレー粉等々…。

トッピングは天かす、かつお節、ネギ山盛りで。

たこせんもあるとテンション上がりますよね!

 

おっと…完全に話がそれました(´ω`)

今現在、ブログ作成日時は4月4日、夜9時過ぎ。もう完全にたこ焼きの口です。

今日はたこ焼き買って帰ります。

 

 

考え方は、家族によって様々です。何を重要視するのかをご家族で話し合ってからだとプランニングはスムーズにいきますね。

食事をとる人数、タイミング、空間、それに付随する配膳動線や片付け動線。

 

 

 

そして照明計画も大事です!

光の色でお料理が美味しく見えたり見えなかったり。

ダイニングを彩る照明はこだわりの物を入れてください。それだけで食事の時間が楽しくなります。

デザオ建設はコーディネーターが照明計画もご提案します。光の色味や照らし方、照明器具のデザインまでお好みのものが見つかるまでトコトンお付き合いいたします(^^ゞ

 

 

 

これ以上、長くなってしまうと飽きると思いますので(私も読者の皆様も)最後に個人的にいいと思ったダイニングテーブルのご紹介を…せずに終わります。

 

…はい。そうですよ。ダレただけですよ。

 

 

では、次回の澤田ブログはキッチンについてです!

次回は最後までキッチンとします。

 

 

 

ー京都・滋賀で注文住宅を建てるならデザオ建設へ!ー

資料請求来場予約フリーダイヤル