ページトップへ

ブログ

こんにちは、アフター事業部の高橋です。

今回は少し防水のメンテナンスについて話ししたいと思います。

毎回点検時にバルコニーなどのFRP防水層の状態なども確認するんですが引き渡し後5年過ぎたぐらいからトップコートのクラックが見受けられる施主様宅がたまにあります。

クラック1

クラック2

近すぎて解りづらいですがバルコニーの床部分です。

この場合表面のトップコートのクラックだけで本来防水層として大事なガラスマットを樹脂で固めた部分のクラックではないので漏水などの心配はないのですがお客様が見るとやはり心配になりますよね。点検時に細かく説明させていただき安心してもらっているんですがこのままほっておくと表面のトップコートが剥がれ出します。その前にどこかのタイミングでトップコートの塗り替えをお勧めしていますので気になる様でしたらアフタースタッフにお声がけしていただければと思います。

 

 

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求