ページトップへ

ブログ

こんにちは(^_^)/設計の尾関です。

 

茹だるような暑さが続いてバテバテなのですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

自宅の外構で植栽をしてからおよそ一年半。

 

暇があったら雑草を抜いたり、蹲踞の水を入れ替えたり、仕事帰りに夜な夜な水遣りしたり、

 

苔の成長を観察したり、庭をどうしていこうかとヌルく思考してみたり‥‥。もはやおっさんですね(笑)

 

それでも土に触れたり、草木の成長や季節の移ろいを感じたりすることは自分の生活にとって潤いを与えてくれています。

 

 

庭

 

 

こちらは蹲踞。この一年半でいろいろ試行錯誤したのですが、ボウフラ対策でメダカを買いました。

 

 

蹲踞

 

 

エサも一切与えず、おそらくボウフラを食べて生きていたみたいです。

 

定期的にきれいな水に入れ替える必要はありましたが、これぞ閉鎖型の生態系、バイオスフィアですね(*´∀`*)ノ

 

水草はホテイアオイを当初浮かせていましたが、寒さに耐性がないようで越冬できずに死滅‥‥。

 

今年は寒さに強いマツモで完全に手のかからない完全自立型生態系が完成したと思っていた矢先‥‥。

 

あれ、メダカがいない‥‥(⦿_⦿)。

 

最近では蹲踞に水浴びをしにくる野鳥まで出てきて嬉しく思っていたのですが、ホテイアオイに比べスカスカのマツモのせいでメダカは隠れる場を無くして鳥の餌食になったのか、最近のゲリラ豪雨とも言える雨で流失したのか‥‥。

 

また対策を講じて、手のかからない完全自立型生態系の完成を試みたいと思います。

 

 

 

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求