ページトップへ

ブログ

こんにちは、注文住宅事業部の河田です(^^)

1月に入りインフルエンザの流行が拡大しているニュースをよく目にします。

我が家でも予防を徹底するように!と、特に小学生の娘から言われています(^^;)

家に帰ると、石けん手洗い20秒、うがいしっかり5回をします。

手洗いの20秒は「Happy birthday to you」の歌を2回口ずさむと、大体それくらいらしく

誕生日でもないのに毎日口ずさんでいます(^^;)

皆さんも是非実践してみてください~

 

さて、昨年末にオーナー様のお家にペレットストーブを設置させていただいたので、

今回はその時の様子を書きたいと思います。

ペレットストーブの良さは前回のブログに書いたので、見てない方は是非見てほしいのですが、

なんといっても、輻射熱で体を芯から温める心地よさと、生活空間に火があるという贅沢さが最高です。

今回設置させていただいたお家は、OMソーラーのお家(太陽熱で空気を暖め、それを暖房、給湯につかうお家)で、

その補助暖房として採用いただきました。

OMソーラーということで、通常のペレットストーブとは違う、床下空間にストーブの暖気を送ることができる

OM専用に加工されたものを設置しました!

というわけでまずはストーブの暖気を床下に入れるためのコア抜き(穴)からスタートしました。

 工事1

今回大半の作業をしてくれたのはアフターサービスの筒井です。(助っ人には堀之内!)

筒井はこのオーナー様からの信頼も厚く、特に6才のお嬢さんに大人気です!

ストーブの設置には、京都ペレットの製造をされている森の力京都の久保社長、

弊社OMソーラー担当の中村にも手伝っていただきました!

  

次に給排気のための配管を通すコア抜き。

 火のあるくらし♪ペレットストーブ

火のあるくらし♪ペレットストーブ

いざストーブの設置!とても重たいので2人がかりで持ちました!

 設置

 そして無事工事完了♪

ペレットを森の力京都の久保社長に入れていただきました!

ペレット入れ

緊張の着火の瞬間。

火

ゴーォォォォォーという音とともにペレットが燃焼し、床下に暖気が流れ込みます。

床下に暖気が入るため、暖かい気流を直接感じることはありませんが、床下に入った暖気が床自体を暖め、全館の床暖房になります!

空気の床暖房!考え方が好きですね!

 火2

 

工事には4時間程かかったため、その間お嬢さんが絵を描いてくれました!

絵

お嬢さん、サンつつい、しらんしと、私。

素敵な絵です!!ありがとう!!

サンつついの耳にはしっかり鉛筆がかかっています!大工さんですから!

しらんしと(知らん人)がアフターサービスの堀之内であることは本人には言っていません(^^;)

このブログで知ることになるでしょう。

堀之内とお嬢さんは初対面なので仕方ありませんね(^^;)

 

では、今回はこのあたりで。。。

 

 

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求