ページトップへ

ブログ

こんにちは

設計部の佐藤です。

今日は建築士の定期講習のお話です。

 

設計業を行っている建築士には3年毎に定期講習を受ける義務があります。

これ、 平成20年に施行された法律です。

それまでは、一度とればそのまま勉強しなくても継続・・・

 

建築士のモラルが問われる耐震偽装など、記憶されている方も多いと思います。

そのあたりから厳格化されて出来た法律だと聞いています。

 

運転免許は適正かどうかを判断して更新されますよね。

建築士も、ずっと適正な業務が出来るとは限りません。

 

定期講習では、基本的な知識や新しく改正された法律など

丸一日の講習と最後には試験があり、合格しないと修了証がもらえなくなっています。

 

時間もお金もかかりますが、必要なことだと思います。

デザオ建設には、たくさんの建築士がおりますが、

漏れなく受講していますのでご安心ください! 

私は今年度が更新年度にあたりますので、しっかり受講したいと思います。

以上、かたすぎる話でした。

 

 

 

 

ー京都・滋賀で注文住宅を建てるならデザオ建設へ!ー

資料請求来場予約フリーダイヤル