ページトップへ

ブログ

こんにちは\(^o^)/設計尾関です。

 

気象庁の発表では近畿も梅雨入りしたということです。今年は猛暑になるという報道も耳にするので、皆様お体にはお気を付け下さい。

 

さて、少し前になるのですがコミュニティデザイナーの山崎亮氏のセミナーがMTRL KYOTO(マテリアルキョウト)にて行われるということで行ってきました。

 

会場のMTRL KYOTOはドロップイン型のクリエイティブラウンジと謳われているのですが、漫画好きクリエイターたちが夜な夜な集い漫画を読んではディベート合戦が繰り広げられる等、常軌を逸したクリエイティブな空気感ムンムンな場所でした(笑)

 

山崎亮氏は情熱大陸にも取り上げられる程の売れっ子で、ミーハーな自分にとってはどんな方なのか、どんなお話をされるかと楽しみにしていました。

 

セミナーはワークショップも織り交ぜながらとても自然体で楽しい内容でした。

 

セミナー風景

ワークショップ1

 

中でも印象に残っているのが経済行動学のおはなし。人間の思考モードには下の2つに大きく分けられます。

 

 

システム1

経験等によらず、瞬間的に判断できる。感情的。直観的。

 

システム2

一連の段階を踏み、順序立てて考えを練り上げる。努力が必要。客観的。

 

 

コミュニティデザインに限らず、様々な取組においてこのふたつのバランスが必要ということでした。

 

例えば、どんなにおいしい水であって、身体への優れた効用があっても(システム2)、ボトルのデザインが野暮ったいものであれば(システム1)人は買わないという結果になる。というお話。

 

あたりまえと言ってしまえばそうですが、何か胸にストンと落ちるものがありました。

 

役所や国の仕事の進め方はシステム2に偏りすぎているとか、システム1に働きかけるものでなければ人は動かないとか、コミュニティデザイナーという肩書きが胡散臭いとか‥‥(笑)

 

山崎氏は著書も大変面白いので是非一度読んでみてください(^_^)/

 

ワークショップ2

 

 

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求