ページトップへ

ブログ

 私のブログをお待ち頂いている皆様

 20日ぶりですね! ^。^ノ

 お待たせしました。

 

 さて 今回は私の隠れ家だったお店

 について・・・

 京都 四条 南座 写楽

 四条南座を少し下がった(前回のブログ

 でUPした蛸長さんの手前です)所に

 ”写楽” (しゃらく)さんというお店

 京都 四条 南座 写楽 

 ”昭和感”ムンムンでしょうー!??

 そうですザ・昭和です。

 1971年開店 

 老舗のお店でした。

 私は 窓のないお店 が嫌いで基本

 自分で積極的には行かないのですが

 このお店は、窓が無くても心地いい

 極みでした。知らないお酒が世の中

 たくさんありますが、気分を伝える

 と、いいあんばいの お酒を作って

 出して下さいました。

 また オーナーさん バーテンダー

 さんが  出過ぎない  。

 仕事やプライベートで 悩んだり

 行き詰まると ちょろっと覗いて

 バーテンの方と たわいもない会

 話をすると、そこで、ふわっと

 行き詰まっていた事に対して不思

 議と道筋が見えたり 自分が間違

 えてたな・・・とか。

      軸が 戻せた。 

 京都 四条 南座 写楽

 そんなお店の閉店理由は

 時代の流れ・・・でした。

 このお店の入るビル自体が老朽化

 してきて、取り壊しになると伺い

 ました。と 同時に マスターも

 引退されることに・・・

 

 いま、京都市をはじめ、大都市圏

 では、幹線道路に面する大型建物

 の耐震性能に関して指導が厳しく

 なってきています。地震での二次

 災害を防止することが目的です。

 

 平成の建築界は(もちろん弊社も)

 性能を維持したままで、来る将来

 は変化に対応出来る建物につくる

 というのが常識なのですが・・・

 昭和は またすこし違う価値観で

 モノづくりが進んでいたその建築

 版と言えるかもしれません・・・

 京都 四条 南座 写楽

 聞き上手なマスターに 接客業

 で大切な事をいっぱい気づかせ

 て頂きました。次お逢いした時

  となりどうしで 

      飲んでみたいなー

 マスターも マリービルさんも

 長らくお疲れさまでした・・・

 

 *次回ブログは 12月4日です

 

 

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求