ページトップへ

ブログ

みなさまこんにちは

北野展示場の梅本です。

 

先日見学してきました、”これからの家”についてご紹介したいと思います。

 

 突然ですが IoT ってご存知ですか?

[Internet of Things]の事で、あらゆる物がインターネットを通じて

繋がる事によって実現する新たなサービス、ビジネスモデル又はそれらを

可能とする技術の総称。

スマートフォンを核に送受信装置が相互に情報をやりとりでき、

新たなネットワーク社会が実現すると期待されている、物のインターネット。

というような事らしいです。なんだか難しいですね!

 それを体現できる展示場が一般公開はされていないのですが、

とあるメーカーさんに建築されており、勉強に伺いました。

 

これかの住宅とIOT1これかの住宅とIOT2

より便利に、より快適に、より安心に!

これかの住宅とIOT3

①住宅の外皮性能「UA値」(断熱性能)を向上させ、省エネ化をより進め

②太陽光発電等で創エネ(エネルギーを創りだす事)を行い

③ZEH・「ゼッチ」(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)住宅を基本として建築

これかの住宅とIOT4これかの住宅とIOT5

 ④HEMS「ヘムス」というシステムを中心に、

⑤エコキュートやエアコン等の家電をコントロールし、

 より便利に、より快適に、より安全にを実現するシステムです。

 これかの住宅とIOT6これかの住宅とIOT7

⑥ スマートフォンが多機能リモコンになり、家の内外を問わず

⑦エアコンや照明のコントロールは勿論、

⑧太陽光発電量や電気代まで確認できます。

 これかの住宅とIOT8

 

実際のスマートフォンの画面です。

家電のコントロール画面です。

特に愛犬家の方には安心なシステムですね!

これかの住宅とIOT9これかの住宅とIOT10

これかの住宅とIOT11

ただ単に便利になる!や面白そう!と言う事では無く、

現在は家電のコントロールやエネルギーの見える化をしている状態ですが、

今後様々な物に発展し、安心、安全に繋がる可能性を多く秘めているシステム

だと思っております。

 

例えば、電気自動車を非常時の蓄電池代わりに利用出来ます。

太陽光発電で発電した電気を電気自動車に充電したり、その逆も勿論出来ます。

これかの住宅とIOT12これかの住宅とIOT13

現在市販されている蓄電池よりも、電気自動車の方が蓄電量が大きいのでより安心です。

これかの住宅とIOT14

災害に強く、省エネなこれからの家のスタンダードになると思われます。

 

これらの家を実現するのにコストはかかるのですが、

光熱費等で10年20年先をみると、

十分に回収でき、しかも快適、便利、安心な暮らしが出来る

優れものだと思っております。

 

すみません、伝え方が下手で申し訳ございませんが、

これからもっと勉強し、皆様に本当の良い家をご提供する

お手伝いが出来ればと思っています。

 

 

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求