ページトップへ

フォトギャラリー

  • 注文住宅
  • すべて

室内から庭を愉しむ家

京都市山科区 K様邸

  • 外観

    緑豊かな環境。木調の格子で雰囲気を演出しながら、周囲の視線を気にせず庭を愉しめるよう工夫しました。

    画像のみを表示全 8 枚中 1 枚目を表示Next ≫
  • LDK1

    室内はあえて通常よりも天井高を約20cm下げて、水平方向の広がりと奥行きを強調。部屋の天井と屋根の軒下を同じ素材にすることで、外と内をゆるやかにつなぎました。

    画像のみを表示全 8 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • LDK2

    窓を天井から設置することで、広々とした視界を確保。リビング、ダイニング、キッチンから庭を眺められるプランニングです。

    画像のみを表示全 8 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • ダイニング

    室内は華美な装飾を控え、シンプルな空間にコーディネート。窓には「吉村障子」と呼ばれる紙障子を採用いただきました。

    画像のみを表示全 8 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 庭

    室内と庭の境界にはウッドデッキを設えて。庭を眺められる縁側のような雰囲気を演出します。

    画像のみを表示全 8 枚中 5 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 玄関

    ゆったりとした玄関。やさしいタイルの色合いが落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

    画像のみを表示全 8 枚中 6 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • キッチン

    キッチンは機能性も重視して。収納もたっぷり備えました。

    画像のみを表示全 8 枚中 7 枚目を表示≪ PrevNext ≫
  • 洗面

    タイルを貼った洗面も、やわらかく落ち着いた雰囲気に。

    画像のみを表示全 8 枚中 8 枚目を表示≪ Prev     

【POINT】

お施主様のリクエストは「木の家」を基本とした「室内から庭を愉しむ家」。

外と内を分断せず、庭やまわりの景観を室内に取り込み、一体感のある空間を目指しました。

庭は、木々をあえて斜めに植栽したり、枯山水の川を配して「里山」の情景を再現。

室内はあえて天井高を通常よりも約20cm下げ、水平方向の広がりと奥行きを強調しました。

日本の伝統建築の美意識やこだわりを踏襲しながらも、電動式のブラインドシャッターなど現代的な設備も採用いただき、より快適に過ごしていただけるお住まいが実現しました。

 


【建築DATA】

京都市山科区(新築)
建築概要/木造2階建て
敷地面積/414.32㎡(125.33坪)
延床面積/102.57㎡(31.02坪)

 


間取りも見られる施工実例はこちらから!
施工実例プレゼント