ページトップへ

現場レポート

  • カテゴリ
  • すべて

プライベートガーデンのあるキレイめブルックリンの家

京都市南区 F様邸

1.2017年11月16日
断熱材(充填状態)工事
断熱材(充填状態)工事
こちらは断熱材を(内)壁や小屋裏に充填したところです。今回は気密をしっかりとれている施工状態ですので見当たりませんが、(充填)場所によっては気密フィルムや気密テープなどを使って断熱性能を下げない工夫もしています!さて、これからプラスターボード(内装下地材)を張っていきます!
2.2017年11月02日
金物取付
金物取付
建て方が完了して、金物や窓枠等の取付けが始まりました!外側に見える青いシートは少しでも躯体を雨から守るための養生としているブルーシートです。躯体に雨がかかっても実は大丈夫なんです!でも、デザオ建設ですは出来るだけ・・・出来る限りの養生を行っています。斜めにかかっているシルバー色の金物は【火打ち金物】と言います。火打ちとは梁、桁(けた)、土台のコーナー部がしっかりと固定されるように斜めにかけ渡された補強材のことをいいます。地震や台風時に発生する水平力による変形を、防止するする役目があります。1階の床に設けるものを「火打ち土台」、2階などの床や小屋組に設けるものを
「火打ち梁」と言います。
3.2017年11月01日
建て方完了!
建て方完了!
建て方が完了しました!デザオ建設のシンボルマーク☆おっちゃんシートが掲げられました(^-^)/仮設シートも綺麗に張られて暫く目隠し状態ですが、外観のお目見えが楽しみです♪仮設シートの役目は色々ありまして・・・建築現場を覆う透けたシートは職人さんの落下を防いだり、金物が隣家へ飛んでいかないようにしたりと言った意味があります。日本は小さな土地に戸建て住宅を建てる国です。そのため、住戸と住戸の間隔が狭いのが特長でもあります。 突然の突風で現場から釘が落下したり職人さんの不注意で工具や木材が落下した場合に、隣家へ物が飛んでいきキズを付けたり壊したりしないようにするための役目があります。さらに工事現場の音を遮断する役割!工事現場では金槌で釘を叩く音や工具で木材を切る音など大きな音がします。この音が住宅地中に広まらないように音を少しでも遮断します。いずれも近隣の方への心遣い、大切な仮設です。
4.2017年10月28日
上棟へ!
上棟へ!
大きな重機と沢山の職人さんが一斉にF様邸の躯体を組み上げていきます。快晴の中、事故の無いようしっかり棟まで1日で仕上げていきます!木造建築で柱や梁などを組み立てて、屋根の一番上の部材である棟木を取り付ける事を【上棟】と言います。他に【棟上げ:むねあげ】・【建て方:たてかた】とも言います。
5.2017年10月27日
床下断熱工事
床下断熱工事
こちらは床下の底冷えをなくしてくれる断熱材です!同じ断熱材でも壁に施す物とはまた違います。この作業が終わってようやく柱を組み上げていく上棟が始まります!
6.2017年10月26日
配管工事
配管工事
基礎の下を覗いて見ると・・・青とピンクのホースがあります。こちらは(青)給水管と(ピンク)給湯管です。
これらの他に緑色の配管もあるのですが・・・こちらはガス管です。ガス管はお家によって電気のみの場合もありますので見当たらないときもあります。
7.2017年10月24日
土台敷き
土台敷き
基礎がみごとに出来上がり上棟へと取りかかる・・・その前に土台敷(床組)を行って行きます。あ!その前にもう一つ、土台と基礎との間に黒い物がうっすら見えると思いますが・・・、こちら【基礎パッキン】という部材を仕込んでいます。この薄っぺらそうで頑丈な部材が家の重みに耐えて基礎内の通気をする役目を果たしているのです!!
8.2017年10月10日
基礎工事
基礎工事
基礎工事が始まりました!防湿シートや捨てコンの作業が完了すると配筋の準備を行います。まずは底盤部分と立ち上がり部分の2回に分けて行います。今は配筋が終わったところですので配筋検査というチェックを社内の品質管理部が行います。もし是正箇所があれば監督を通じて基礎業者に指示を行い即時、対応頂きます!
9.2017年10月01日
鎮め物
鎮め物
地盤をしっかり作り上げたところで【鎮め物】を埋めます。鎮め物とは工事の安全と、これから始まる生活の平安を祈念するものなのです。この鎮め物は我々が用意したりするものではなく、神主さんからお預かりするものです。地鎮祭の時にはまだ更地ですので一旦預かって基礎工事の時に地中に埋めるのが一般的な流れです。
10.2017年09月30日
掘削・ランマー転圧
掘削・ランマー転圧
こちらは頑丈な基礎を施工するため、ランマーという機械でしっかりと転圧しています。基礎が上に来る部分の全体に砕石を敷き詰め、その砕石の上からしっかりランマーで転圧して締め固めを行います。基礎のコンクリートを施工していく前の地盤堅めに大切な工程です。
11.2017年09月29日
着工!
着工!
とうとう基礎着工です!キレイめブルックリンの家づくりのスタートです!
12.2017年09月23日
地鎮祭☆現場レポートスタート!
地鎮祭☆現場レポートスタート!
F様邸、本日より現場レポートスタートです☆この度は現場レポートご協力頂きまして誠にありがとうございます!F様にとって色んな思いの詰まった家づくりが始まります!一緒に現場を見させて頂きますので宜しくお願い致します(^-^)では早速!こちらは地鎮祭の様子です。【地鎮祭】とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。「じちんさい」と読むほか「とこしづめのまつり」と読むこともあります。「鎮」の字にはしずめる、落ち着かせるといった意味があります。工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。
13.2017年09月23日
地鎮祭②
地鎮祭②
こちらは神職から土地のお清めです。建物を実際に建てる四隅に祭壇に供えられた神酒、米などをまいてお祓いをしています。