ページトップへ

現場レポート

  • カテゴリ
  • すべて

2階リビングで庭を愉しむ暮らし

京都市山科区 K様邸

1.2017年06月09日
基礎完成
基礎完成
基礎が完成しました!前回にレポートしました型枠の中へ流し込まれたコンクリートをしっかり養生し、固まれば型枠を撤去します。こちらの写真は型枠を撤去した後の基礎コンクリートです。基礎の立上りから上に出ているものがいくつか見えますが、これがアンカーボルトです。【養生】は、コンクリートを乾燥させるためであるのはもちろんですが、コンクリートが膨張しようとしますので、乾燥するまでは型枠で固定しておかなければなりません。その養生期間は、ある程度きまっていますが、夏は早く乾燥するので短めで、冬は長めになります。季節だけでなく天候や気温にもよるので、状況に応じて対応することが必要です。型枠を撤去したあとには、コンクリートの仕上り状態をチェックします!
2.2017年06月04日
基礎(立ち上がり打設)工事
基礎(立ち上がり打設)工事
型枠がしっかり組まれるとコンクリートの打設が始まります。コンクリートはドロドロの液状で、水のようにサラサラしていませんので流し込む際にはどうしても内部に気泡(空気)が出来てしまいます。気泡が多いと内部がスカスカで強度が得られなくなりますので棒の先が振動するバイブレーダーという機械を使用し、コンクリートに振動を与えて内部の空気を抜き、しっかりと締め固めを行います。
3.2017年06月03日
基礎(立ち上がり)工事
基礎(立ち上がり)工事
間仕切りなどから構造計算に沿って基礎の立ち上がり型枠が綺麗に立ち並んでいます☆構造部分のコンクリート打設をするときは原則として雨や雪などの時は避けるようにします。これからK様ご家族皆さんを守るための家を支える重要な部分となりますので慎重かつ丁寧に施工していきます。
4.2017年06月03日
基礎(立ち上がり)型枠工事
基礎(立ち上がり)型枠工事
配筋→検査→底盤型枠→スラブコンクリート打設・・・と進みましたので、続いて立ち上がり部分のコンクリート打設となります。型枠の中で綺麗に配筋されています!
5.2017年05月26日
基礎(配筋)工事
基礎(配筋)工事
現場では基礎工事が着々と進んでおります!こちらは基礎工事の配筋工事の様子です。配筋は基礎の底にあたる底盤(スラブともいいます)部分を先に行い、次に基礎の縦の部分にあたる立上り部分を行います。間隔がまばらだと強度にもばらつきが出てしまうため、配筋完了時に等間隔にしっかり配筋されているか、品質管理部で配筋検査をしっかり行っていますのでご安心下さい☆
6.2017年05月02日
着工前☆
着工前☆
K様邸、本日より現場レポートスタートです!このたびは現場レポートご協力頂きまして誠にありがとうございます!今回は解体が無く更地からのスタートとなります!2階のリビングでお庭を愉しむ・・・♪ワクワクがどんどん高まる現場レポートをお送り致します(^-^)