ページトップへ

現場レポート

  • カテゴリ
  • すべて

北野ギャラリー

京都市上京区今出川通り七本松角

1.2017年10月05日
トイレ(内部仕上)完了
トイレ(内部仕上)完了
トイレの床は緑色です!白と緑でコントラストがイイ感じに仕上がりました☆変形したコーナーのおかげで収納と手洗いがあっても窮屈さを感じません♪お客様のお家にも活かせるレイアウトです!
2.2017年10月04日
書庫(内部仕上)完了
書庫(内部仕上)完了
こちらは書庫です。内部仕上げが完了しました!黄色の床はクッションフロアです。暗くなりがちな書庫室ですが・・・黄色ってなんだか明るくて探し物をするのも楽しくなりそうな・・・?棚はその都度、必要に応じて可動出来ます!お客様のお部屋やウォークインクローゼットの中にもこんな壁収納があるとスッキリしますね☆服や寝具とは違って書籍の収納って後回しになりがちですが、こんな棚が造り付けてあると本はもちろんアルバム、大切な書類等々の保管に便利ですね・・・(^-^)
3.2017年10月03日
外観全景☆
外観全景☆
今出川通り上七軒の角交差点からの眺めです。色んな形の窓が中を想像させます・・・そろそろ中も出来上がってきているので、覗いてみましょう☆それはそうと・・・先日ご紹介していました1階の『大判硝子』。現場監督より正解が・・・なんと150kgだそうです(*0*;)
そして5人ではなく、8人がかりだったようです・・・間違った情報を失礼致しました!!
4.2017年10月02日
タイル貼り(犬走り部分)工事
タイル貼り(犬走り部分)工事
こちらは建物周囲の犬走り部分のタイルを施工しています。真っ黒な床に見えますがしっかり目地の入ったタイルです。外壁と共にシンプルな色合いに統一しています。
5.2017年09月25日
足場解体!
足場解体!
ついに足場が解体されました!北野ギャラリーの全貌がお目見えです!
6.2017年09月18日
大判硝子工事
大判硝子工事
こちらは1階の道路に面した部屋内から見ています。男性が5人仲良く並んでいるようですが・・・よく見ると大判硝子を運んでいる様子です。大きな硝子に吸盤を付けてハンドルの様な取っ手を全員右手に持って職人さんが力を合わせて設置します。・・・さて何㎏あるんでしょう???一度、北野にお越し頂いて誰かに質問してみて下さい(^0^)/
7.2017年09月16日
床暖房(電気)工事
床暖房(電気)工事
こちらは床に暖房機器を仕込んでいます。床暖房には種類がありますが、こちらは電気式の物です。他にはガスで暖めたお湯を床下に流すようなタイプなども・・・。タイプによって施工代や取付後のメンテナンス方法も違いますしランニングコストと言われる電気代やガス代も変わってきますので、一概にどれが一番イイ!・・・とは、ご家族構成や使い方次第になります。
8.2017年09月15日
軒天井ケイカル工事
軒天井ケイカル工事
こちらは駐車場内の天井です。ケイ酸カルシウム板貼りが出来たところです。【ケイ酸カルシウム板】って?・・・耐火断熱材のことで、主に鉄骨を火災の熱から守るための耐火被覆材として用いられます。吸水性が少ないため、水回りの壁・天井下地材などに採用されます!ただのボードに見えて大きな性能が含まれているんですね・・・
9.2017年09月14日
屋上工事完了
屋上工事完了
屋上が完成しました!仮設シートが捲られて、仕上げの確認です!そろそろギャラリー全体の外観がお目見えですよ♪
10.2017年09月13日
屋根(ガルバリウム鋼板)工事完了
屋根(ガルバリウム鋼板)工事完了
こちらは屋根工事完了のところです。この屋根の葺き方は【縦ハゼ葺き】と言います。『ハゼ』・・・というのは、板金で金属板をつなぐときの継ぎ目のことです。その継ぎ目から、雨などの水が入らないよう、そのハゼを立てていることから縦ハゼといいます。ハゼの中に留めるための金物を入れて一緒に折り曲げることで漏水を防ぎます。板金を使った葺き方で、現在は 『ガルバニウム鋼板』を使うことが主流になっています☆
11.2017年09月12日
壁(下地・パテ)工事完了
壁(下地・パテ)工事完了
こちらは壁の下地を終えたところです。白く所々塗りつぶしているところは・・・(下地の)プラスターボードを貼ったあと、ビス跡・張り合わせの箇所などに凹凸が残ってしまいますので、これらをしっかり隠しています。クロスを施工した時に上に跡が見えたり凹凸が出ないように施工します!(※落書きではありませんよ(^-^))
12.2017年09月11日
OAフロアの敷設
OAフロアの敷設
こちらの部屋は事務所として使いますので床の中に配線スペースを設けた置き床材を敷き込んでいます。【OAフロア】:オフィスオートメーションフロアは事務所の他に工場、商業施設、学校・・・配線を多く必要とする場所で利用されているのです。このフロアにも色んな種類がありまして床に置く物の荷重によって異なったりもします~
13.2017年09月05日
タイル貼り完了
タイル貼り完了
前回、マスキングテープを貼って打っていたコーキングも完了し、テープを綺麗に剥がしてタイル工事は完了です!足場解体が待ち遠しい~(^0^)/
14.2017年09月02日
屋上防水保護モルタル準備!
屋上防水保護モルタル準備!
こちらは施工済みの防水保護としてモルタルを打設する為の準備をしているところで、ワイヤーメッシュが組まれています。【ワイヤーメッシュ】・・・とは鉄筋を餅網のように縦・横に溶接にて組まれたもので、土木建築工事のコンクリートひび割れ防止や強度補強として用いられる鉄筋なんです。
15.2017年08月31日
タイル貼り(外壁)工事
タイル貼り(外壁)工事
先日のタイル貼り開始の時に取り付けた金具の上に600角タイルをに接着剤で張り上げていきます!タイルの目地に沿ってある紫色のラインはマスキングテープと言ってタイル同士の間にコーキングを打つ際、はみ出たラインがタイルの上に乗らないように養生しています。でも・・・テープに頼らず丁寧・慎重に打っていきますよ!
16.2017年08月28日
床組
床組
こちらはパーティクルボードと鋼製の支持脚で部屋の床下地を施工しています。このラインは床材を組み合わせてゴミや埃が入らないようにテープでフタをしています。またこのあみだのような張り方は強度を保つためと言う意味があっての施工方法です。
17.2017年08月25日
外壁(タイル下地)工事
外壁(タイル下地)工事
続いて外部では外壁のタイルを貼る工事にかかっていきます!透湿防水シートを貼り、その上にシルバーの長い金具が付けています。こちらの金具にタイルをのせていく感じでボンドを付けながら貼っていきます。この金具には壁とタイルを離して付けるための厚みがあります。こちらの厚みが大切な役目をしています!タイル同士に付けるコーキングが切れた時にも水が壁内に入り込まないよう厚みに水が通るように考えられています。木造のサイディング工事と似ています!
18.2017年08月24日
LGS下地②
LGS下地②
同じく下地工事です。天井に大きなビニールで養生された物がありますが・・・これは天井カセット式のエアコンです。オフィスや店舗でよく使われます。天井に埋込式なので目立たず馬力のあるエアコンです☆
19.2017年08月23日
LGS下地
LGS下地
断熱材がしっかり施工され、ドンドン室内を工事にかかっていきます!こちらは間仕切り壁・天井のボードを張る前の下地として軽量鉄骨下地(LGS下地)を組立ています!檻のようにも見えます・・・木造の建物とは全然違いますね。
20.2017年08月10日
ウレタン吹き付け
ウレタン吹き付け
こちらは外部に面する壁や屋根の内側部分に断熱材の発泡ウレタンを吹き付けている状態です。天井はボコボコと厚みのあるウレタンが分かりますでしょうか?壁は一部白いところを除いて薄い黄緑色がかった壁になっていますね・・・。天井からぶら下がっているのはウレタン吹き付けから守るために配線などをビニールなどで養生しています。
21.2017年08月09日
額縁取り付け
額縁取り付け
額縁取り付けが完了した写真です。徐々にではありますが一つ一つ工程が終わってきています。その過程がとてもわくわくしますね!
22.2017年08月04日
サッシ取り付け
サッシ取り付け
ALCの建て込みが終われば次はサッシの取り付けです。左右、上下均等に取り付けをし、ALCとの隙間はモルタルを詰めます!
23.2017年08月01日
ALC建て込み
ALC建て込み
ALC建て込みがほぼ完了しました。ALCの建て込みが進むほど現場の中は光が入りにくくなり、風も抜けにくいのでとても暑くなります!職人さんも暑さ対策で空調服を着て作業をしています!
24.2017年07月22日
ALC建て込み状況
ALC建て込み状況
ALC建て込み状況です。ALCとは「軽量気泡コンクリート」のことです。開口の部分はもちろん開けて、その他は一枚一枚吊り上げて壁を作っていきます。
25.2017年07月08日
デッキコンクリート打設完了
デッキコンクリート打設完了
デッキコンクリート打設完了しました!すごくスッキリしましたね!この後の工程はALC(壁)をのせる立ち上がりのコンクリートを打ち、それが終わればALCの建て込みです。壁ができていくのが楽しみです!
26.2017年07月08日
デッキコンクリート打設
デッキコンクリート打設
屋上のデッキコンクリートを打設している様子です。屋上ではコンクリートを平らにしてしまうと雨が溜まってしまうので少し勾配をつけています。
27.2017年07月04日
ワイヤメッシュ施工完了
ワイヤメッシュ施工完了
ワイヤメッシュ敷き施工完了しました。次の工程はコンクリート打設です。コンクリートを打設したら現場もスッキリしそうです!
28.2017年07月04日
ワイヤメッシュ敷き施工状況
ワイヤメッシュ敷き施工状況
ワイヤメッシュを敷いている様子です。この上にコンクリートを打設しますがこのワイヤメッシュを敷くことでコンクリートのひび割れなどを防止することが出来ます!
29.2017年07月01日
デッキプレート敷き完了
デッキプレート敷き完了
鉄骨建方(ボルトの本締め)も終わり次はデッキプレート(床)を敷き、溶接しました!デッキプレートは真っ直ぐの板ではありません。強度を出すために波打った形になっています。
30.2017年06月27日
鉄骨建方1日目終了
鉄骨建方1日目終了
1日目が終了しました。形になってきましたね!最終的にはボルトの本締めをする前にトランシットという機械を使用して柱を垂直に調整してから本締め作業になります!
31.2017年06月27日
鉄骨建方
鉄骨建方
鉄骨建方(1日目)の状況です!レッカーを使って建方をしています。とても迫力がありますね!1本ずつ丁寧に上げていきます!
32.2017年06月24日
埋め戻し完了
埋め戻し完了
埋め戻しが完了しました。次の工程は鉄骨建方(柱や梁などを組み立てる作業のこと)です!ベニヤの板と木材が置いてありますが、この上に鉄板を敷きその上にレッカーを据えて建方をします!建物の形になってくるのでとても楽しみです!
33.2017年06月21日
水中ポンプ
水中ポンプ
地中梁の打設完了後に雨が降ってしまいました。このままでは埋め戻しが出来ないので水中ポンプという機械を使用して溜まっている水を抜いています!
34.2017年06月19日
地中梁の打設完了
地中梁の打設完了
地中梁の打設、型枠ばらしが完了しました!次の工程は埋め戻し(ますの中に土を入れる作業)です。
35.2017年06月14日
耐圧盤の打設完了
耐圧盤の打設完了
耐圧盤の打設が完了しました。きちんと養生させ次の工程(地中梁の型枠組み、生コン打ち)に進みます。徐々に基礎らしくなってきました!
36.2017年06月14日
生コン打ち(耐圧盤)
生コン打ち(耐圧盤)
生コンを打っている様子です。バイブレーターという機械を使って振動させることによって中の空気を抜き隅々まで生コンを打つことができ、しっかり強度も出ます!
37.2017年06月14日
コンクリート試験
コンクリート試験
型枠も組み終わり生コン打ちに進みますが、こちらの写真は生コンを打つ当日の朝に試験をしている様子です。スランプ(下がり量)、空気量などの試験に合格したらいよいよ生コンを打つことが出来ます!
38.2017年06月12日
鉄筋工事
鉄筋工事
アンカーボルトを設置し、鉄筋工事が完了しました。少し見えにくいですが、鉄筋の下にサイコロみたいな塊を入れています。これにも意味がありまして、捨てコンクリートと鉄筋との間に空間を作って、下側にも次に打設するコンクリートの厚み(かぶり厚さ)を確保することが出来るわけですね!次の工程は型枠組みです。
39.2017年06月04日
墨出し
墨出し
前回、説明させて頂いた墨出しが完了した写真になります。この工程で墨出しを間違えると建物が図面通りに建ちません。なので、非常に重要な作業になりますし、墨がきちんとした位置に出せているか、何度も確認作業をしました!
40.2017年06月02日
捨てコンクリート
捨てコンクリート
土留め工事(際のコンクリート打ち)、掘削も終わり、捨てコンクリートを打設しました。捨てコンクリートは構造的に機能する物ではありません。ではなぜ必要なのでしょうか?それは墨出しするためです。柱や通り心などの位置決めをするためだけにコンクリートを打ちました。ちなみに、写真でくぼんでる箇所がありますが、そこにはエレベーターが設置されます。
41.2017年05月08日
地鎮祭
地鎮祭
平成29年5月6日(土)北野ギャラリー(デザオ建設新事務所)の地鎮祭を行っている様子です。場所は上七軒の交差点になり、「デザオ建設」北野展示場の隣になります。地鎮祭とは土地の神様にお供え物をし、工事の無事を祈る儀式になります。これが終わればいよいよ工事の着工です!