スタッフブログ

春が来たら

川本 充希 自己紹介へ
2018/02/23(金) 川本 充希日々のこと

こんにちは、桃山展示場の川本です。

まだまだ寒い日が続いてますね。

でも、お天気の良い日の日差しには何となく、ポカポカと春らしさが感じられる気がします。

 春が来たら

 

しかし、それはつまり、紫外線が増えてくるという事です!

年齢とともに、日焼けした後の戻りが遅くなってきたので、要注意なのです!(個人の感想です)

 

紫外線には、UV-AとUV-Bがあって、どちらも1年中降り注いではいますが、3月頃からグッと増えてきます。

 

UV-Aは、波長が長いので肌の奥の方まで到達してじわじわとダメージを与えるそうで、コラーゲンを変性させたり、肌の生まれ変わりを低下させて、シミやシワ、たるみの原因になるそうです。

肌の老化は、自然老化が20%、光老化が80%と言われ、その光老化を促進するのがこのUV-Aなのだそうです。

ひー! 

 

UV-Bは、波長が短くエネルギーが強いので表皮に急激なダメージを与え、赤くなってヒリヒリする炎症や、水ぶくれの原因になるそうです。

浴びすぎると細胞やDNAにダメージを与え、皮膚がんを引き起こすこともあるそうです。

こわっ!

 

そこで、日傘をさしたり、日焼け止めを塗ることになるのですが、日焼け止めの表示の内、SPFというのがUV-B、PAというのがUV-Aをブロックする力を表しています。

現状で一番高い値が、(おそらく)SPFでは50+、PAでは++++ですが、日常生活や屋外での活動、マリンスポーツなどといった生活シーンによって選びます。

最近は、数値が高めでも肌への負担の少ないものや、お湯で洗い落とせるものなど、色々種類もあって、どれがいいかは一口には難しいですよね。

 

塗る時のコツは、

曇りや雨の日でも塗る

まめに塗り直しをする

耳や首回りや足の甲など忘れやすいところに注意する

などです。

補足ですが、目を守るためのサングラスも重要です。

 

そして、家の中にもUV-Aは入ってきます。

その場合は、UVカットのカーテンやサンシェード、UVカットシートなどを使用したり、紫外線をカットしてくれる窓を選ぶと良いです。

え、どんな窓って? 

詳しくは展示場にてお尋ねくださいね。

 

 

 

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

 

 

記事一覧

1ページ (全72ページ中)

ページトップへ