スタッフブログ

台風被害の火災保険について

西川 隆行 自己紹介へ

みなさまこんにちは、注文住宅事業部の西川です。

どうぞよろしくお願いします。

先日の台風21号は雨・風共にとても強く、とても怖かったです。

屋根や壁、カーポート、アンテナや小屋などが飛ばされ、雨漏り被害も多いかと思います。

弊社でご建築させて頂きましたお客様からも、すでに何件も被害があったとの連絡をいただきました。

多くの被害が出ています。

台風被害ですが、基本的に火災保険の中に風災というものがあり、火災保険にご加入でしたら、その火災保険で損害分を補償される可能性が大きいです。

被害にあわれた場合は、必ずその被害状況のわかりやすい写真、建物全体の写真や表札の写真などをたくさん撮っておいて下さい。

そして、火災保険の証券のご確認をお願いします。

 

その風災の保険についてですが、「損害の額が20万円以上の場合のみ補償されるタイプ(免責金額なし)」は20万円フランチャイズ方式と呼ばれます。

また、「免責方式(エクセス方式/ディダクティブル方式)」で契約されている場合もあるかと思います。

 

免責金額」とは、設定した免責金額以下の損害であれば保険金は支払われないということですが、損害保険会社から見ると、少額の損害では保険金を支払うこと、その手続きや処理をしなくてもよいので保険料を安くできます。

その保険で言うフランチャイズ方式と免責方式の違いを、

20万円フランチャイズと、免責10万円のケースで比較してみると次のようになります。

 

○20万円フランチャイズの場合
損害額が19万円の場合→保険金は支払われません。
損害額が21万円の場合→21万円の保険金が支払われます。

○免責10万円の場合
損害額が9万円の場合→保険金は支払われません。
損害額が20万円の場合→10万円の保険金が支払われます。
損害額が30万円の場合→20万円の保険金が支払われます。

 

20万円フランチャイズ方式では、損害額が20万円を超えると保険金額を限度に全額補償されますが、20万円を超えない場合、保険金が1円も支払われないという契約です。

損害額が20万円を超えるか超えないかで大きな差が出ますので、保険金申請のときは、他の箇所などにも被害が出ていないかを調べてみて、複数の箇所をまとめて申請することが鉄則です。

20万円を超えた場合、フランチャイズ方式は損害額全額、免責方式は損害額から免責額を差し引いた金額が保険金として支払われます。

弊社も、火災保険を取り扱っていますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全85ページ中)

ページトップへ