スタッフブログ

私の住むまち その5

戸谷 毅 自己紹介へ
2018/06/03(日) 日々のこと戸谷 毅

こんにちは。不動産流通部の戸谷です。

前回ご紹介した伏見港近くには、ご存知「寺田屋」があります。観光スポットとしても有名で、外国人の方々を含め多くの観光客が来られています。

 寺田屋表

江戸時代後期伏見港の船宿だった寺田屋は大変栄えていたらしく、幕末活躍した坂本龍馬が常宿としており、「寺田屋騒動」で龍馬が機転をきかせたお龍さんのお陰で命拾いをした話は有名ですね。

建物の中はとにかく坂本龍馬だらけです(笑)。

阪本龍馬の部屋

室内

お龍さんの風呂

このお風呂に入っていて異変に気づいたお龍さんが素っ裸のまま飛びだして龍馬に知らせた話はあまりにも有名です。

ところが、あまり知られていないのが、龍馬が襲われる4年前に起きたもう一つの「寺田屋騒動」です。こちらの事件は大変悲惨なもので、血気にはやる薩摩藩士を同じ薩摩藩士が襲うというもので、9名の犠牲者が出ています。事件の後始末の際に処刑された人数を含めるとさらに相当な数の犠牲者が出ており、その中には後の明治天皇養育係を務めた田中河内介も含まれています(マニアックな話でスミマセン・・・)。建物の中には刀傷の跡も残っています。

刀傷

薩摩藩記念碑

丁度N○Kの「西郷どん」でもそろそろこの事件の場面が扱われるころだと思います。壮絶な最期を遂げた精忠組有馬新七の「おいごと突けや!」という名セリフがきけるのか?個人的にはとても楽しみです。

なおこの寺田屋は、現在でも宿泊できるそうです。素泊まり一泊6,500円(但し全館禁煙禁酒・持込禁止・・・)・見学だけなら大人400円!興味のある方はどうぞ。

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全72ページ中)

ページトップへ