スタッフブログ

所有者不明土地

山田 洋平 自己紹介へ

こんにちは。

不動産流通部の山田です。

 

4月になりますね。

何かと支払いが重なる月です。

 

固定資産税等の支払いもあります。

今年は不動産の評価替えの年にあたるので、

たくさんお持ちの方は特に気になるところでしょうか。

 

そんな中、課税されない不動産もあります。

 

どんな不動産か。

課税標準額に満たない不動産です。

 

このような不動産は、

一般的な不動産市場に需要がないため、

取引の対象とならない場合が多いです。

 

納税通知もこないので、忘れ去られてしまいがち。

その結果、相続が発生しても、登記されずに放置。

 

こういった土地が、所有者不明土地となっていくのでしょうね。

そういえば、

私の実家でもそんな土地があるとかないとか。

 

納税通知書をきっかけに、ご家族の皆様でお話しをされ、

不動産の処分などがお話しにあがりましたら、気軽にご相談くださいね。

 

調査の結果、売却が見込めない場合は、正直にお伝えすることとなりますが。

 

あと、たまに聞く話ですが、

昔の投資物件(原野商法など)の土地をお持ちの方に、

「購入希望者がいますが、売却にはまず測量が必要です」

と話しを持ちかけてくる業者がまだいるようです。

 

「測量に○○円必要なので、振り込んでください」

そして振り込むと、その後は音信不通。

 

詐欺の可能性がありますので、ご注意ください。

では。

 

 

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

 

記事一覧

1ページ (全74ページ中)

ページトップへ