スタッフブログ

売買の流れ

山田 洋平 自己紹介へ

皆様、こんにちは。

不動産流通部の山田です。

 

さて、今回は不動産取引をされたことのない方に向けて、売買の流れをご説明いたします。

 

不動産売買を大きく項目分けすると、

①申し込み

・購入意思を希望条件と併せて売主さんへ伝える。

②売買契約締結

・条件が折り合えば契約を締結し、

 その際に手付金(慣例では代金の10%)を売主さんへ支払う。

③決済

・契約内容に基づいて、売買代金の精算と所有権の移転を行う。

 

という3つとなります。

 

場合によっては、②売買契約締結  と  ③決済   が同日ということもありますが、別の日となるのが一般的です。

例えば、契約締結日 7月1日 / 取引日 8月1日 といった感じでしょうか。

この間に買主さんは資金準備など、売主さんは売り渡すための準備などをされます。

そして、準備が整えば  ③決済   を行います。

 

物件や契約の内容によって、

② 売買契約締結     から   ③ 決済    までの期間は大きく異なりますが、流れ自体に変わりはありません。

 

また、住宅ローンを利用される場合も同様ですが、

その場合、①申し込み    の時点で、借入可能かどうかの当たりがついていないと、

申し込み自体を受け付けてもらえないケースもありますのでご注意ください。

 

さて、次回は契約書のチェックポイントについてお話ししようかと思います。

 

では。

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全75ページ中)

ページトップへ