スタッフブログ

私の住むまち その9

戸谷 毅 自己紹介へ
2018/11/12(月) 日々のこと戸谷 毅

みなさんこんにちは。不動産流通部の戸谷です。

今回も私の住むまち伏見についてすこしご紹介します。

先日の11月3日は「文化の日」ということで、国民の休日でした。気候も良くなってきたので、京都市内各地で色んなイベントが開催されていました。その「文化の日」が元々は明治天皇の誕生日であったことはあまり知られていないようです。

伏見にはこの明治天皇と昭憲皇太后の陵墓があることはご存知だと思いますが、この陵墓参拝の玄関口となっているのがその名の通り近鉄「桃山御陵」駅です。

桃山御陵駅

 この駅は、今から90年前に現在の近鉄京都線の前身である奈良電気鉄道の終着駅として開業したそうです。現在の車社会ではあたりまえになりつつある高架駅ですが、なんと京都で初めて作られた高架駅だそうです。

元々地下に線路を通す計画だったそうですが、以前ご紹介したとおり伏見は豊富な地下水が流れているため、水脈が絶たれる恐れがあるとのことで、地元酒造メーカー等の反対もあり、歴史に残る高架駅になったようです。今となっては良い決断でしたね。写真の奥にかすかに見えている商業施設が当時奈良電の本社があった場所とのことです。

その後路線が延長されて京都駅までつながり、現在の近鉄に引き継がれているのですが、一時京阪とも相互乗り入れしていたそうで、駅の北側には当時の名残があります。

近鉄京阪乗り入れ1

この坂道を昔は相互乗り入れのため電車が走っていたんですね。

近鉄京阪乗り入れ2

奥に見えるのが桃山御陵駅です。

この場所のすぐ西には、伏見区民のソウルフード!?大黒ラーメンがあります。

大黒ラーメン

大人気のラーメン店で、お昼に行くといつも行列ができています。ラーメン並500円・焼飯220円!しかも毎回翌月まで利用できる100円サービス券がもらえます!

大黒ラーメンサービス券

コスパ最高でおいしいラーメン店です。我が家も毎月お世話になっています。

ちなみに隣の駅「丹波橋」は、開業当時「堀内駅」と言ったそうです(昔は堀内村だったので・・・)。

我が家のごく近所ですが、ぶらぶら散歩をしていると、色んな発見をするものです。

ではまた・・・

 

 

 

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全85ページ中)

ページトップへ