現場レポート

カテゴリ|すべて

2階リビングで、繋がる暮らし

京都市山科区 K様邸

1.2018年04月28日
美化・マナーアップ活動!
美化・マナーアップ活動!

こちらは現場のマナーアップシートです。毎月、監督と内勤女性と抜き打ちで現場を巡回します。丁度、現場の汚れやすい時期を選んでいます!近隣の方々から見て、お施主様から見て、・・・職人さんの数、工事の種類が増えても出来る限りの整理整頓と一作業一清掃を心掛けて綺麗だなと思われる現場作りを目指しています。

2.2018年04月19日
外壁仕上げ材
外壁仕上げ材

こちらの外壁材はニチハのfugeというシリーズで、専用部材を用いることで出入隅部や窓まわりなどにシーリングを使わずに(窓廻りを除いて)施工できるドライジョイント工法です。 外壁材どうしの継ぎ目が目立ちにくいので、ナチュラル感を表現できる木目柄や、タイル柄などの定番デザインの質感や素材感を引き出し、上質感あふれる外観に仕上げます。今は一部の写真ですが、早く全外観見てみたいですね!!

3.2018年04月16日
通気胴縁
通気胴縁

シートの施工が完了すると仕上げの外壁(サイディング)との間に通気をとるため縦に【通気胴縁】を縦方向に施工していきます。空気を留まらせることなく流していけるよう一定の間隔をとって窓とも接触しないようにしています。

4.2018年04月16日
断熱材の施工
断熱材の施工

室内の状況です。こちらは窓が取り付けられ、柱間に断熱材が充填されています。柱は断熱材の四辺に防湿気密フィルムの大きな耳が付いているので見えにくくなっていますが、この耳のおかげで確実な防湿気密施工ができます

5.2018年04月09日
防水透湿シートと通気胴縁
防水透湿シートと通気胴縁

窓と防水テープの施工が終わると防水透湿シートを施工に入ります。しっかり重ねシロをとって張り合わせていきます。

6.2018年04月09日
窓廻り 防水テープ
窓廻り 防水テープ

窓が設置された所を外側から見ています。まずは防水テープを貼ります。この貼り順も大切で・・・①窓下②両側③窓上となります。基本的に雨など水が進入する場合は上からですので水を下へ流すときの留めにならないような手順となります。とても大切な部分!

7.2018年04月09日
筋交い
筋交い

写真の中で柱と柱の間の頭と脚の部分に斜めに取り付いている柱を【筋交い】と言います。この筋交いは斜めに取りついていますので地震や台風が発生した時、木造住宅に対して横からの力を受けると「つっかえ棒」のような役割をして地震力に抵抗してくれます。この「つっかえ棒」が地震時に柱と筋交いとの接点で大変大きな力となり筋交いが取り外れてしまわないように金物で補強する必要があります。それが筋交いの上の方に小さく見えるの金物。この金物は筋交いと柱の接点を繋ぎ止めておくための金物で大変重要な役割をします。筋交い単体では地震力に大きな効果がありません。小さい金物が大きな役割を果たしてくれるんです!

8.2018年03月26日
上棟完了☆
上棟完了☆

陽も落ちかけた頃・・・ついにK様邸の上棟が完了致しました!おめでとうございます☆足場に仮設シート・マンガシート(DEZAOのシンボル:おっちゃん)がしっかり設置されました。これから現場には色んな職人さんの手で工事が進んでいきます♪楽しみです!!

9.2018年03月26日
ビシッと養生
ビシッと養生

そろそろ屋根も掛けられ棟上げ完了間近と言ったところでしょうか?ブルーシートが建物の廻りをビシッと包み込んでいます。これは仮設シートではなく養生のためです。いくら乾燥している、屋根がかかっているからと言ってもやはり雨で中を濡らすのは極力避けたいのです・・・。外壁材・サッシなどで外部から守られるようになるまで資材を養生しておきます。

10.2018年03月26日
2階まで来ました
2階まで来ました

柱は2階部分まで来ました!まだまだドンドン進みます!

11.2018年03月26日
棟上げ!
棟上げ!

快晴の中、沢山の職人さんが朝から大きな重機と共に頑張っています。今日は棟上げの日です。基本、1日で屋根の上まで組み上げていきますので集中して安全第一で現場を進めます!

12.2018年03月26日
土台据え工事
土台据え工事

【土台】・・・構造躯体の一番下で支えてくれる構造材です。基礎の天端にポツポツ見えていましたアンカーボルトで固定します。キチンと防蟻工事も施します!そしていよいよ棟上げへと進みます!

13.2018年03月25日
基礎パッキン(通気材)工事
基礎パッキン(通気材)工事

養生期間も終わりいよいよ土台を据える前の準備期に突入です。基礎の上になにやら黒い物体が張り巡らされています。黒い物体は基礎の通気を行ってくれる商品です。床下換気の為になくてはならない大切な部材です。

14.2018年03月23日
基礎完了
基礎完了

基礎は型枠にコンクリートが打設され、基礎工事が完了!とはなりません。しっかり養生(一定期間休ませます)して完成です☆季節によっても養生期間は変わります。

15.2018年03月04日
配筋の全景です。
配筋の全景です。

配筋が全て完了されると品質管理部で検査を行います。不備がある場合は直ぐさま監督より基礎業者に指導されて是正されますのでご安心下さい!

16.2018年03月03日
配筋工事
配筋工事

捨てコンも完了し、基礎の配筋が始まりました。立ち上がりの型枠も準備出来ています。記録の写真としてしっかり日付も残しています。

17.2018年03月01日
「鎮め物」
「鎮め物」

地鎮祭が終わった時に、こちら(デザオ建設側)で「鎮め物」という箱をお預かりし、地盤がしっかり出来上がったときに埋めさせて頂きます。「鎮め物」とは、建物の中央部分にあたる土地に工事の安全を願って鎮める大切なものです。ちなみに箱の中身は人型、盾、矛、小刀、長刀子、鏡、水玉の七つ。これらを鎮めることで、建物完成後に暮らすご家庭に安穏と幸福をもたらすと考えられています。

18.2018年02月27日
捨てコン完了
捨てコン完了

こちらは「捨てコン」と言われています。防湿シートの施工が終わると基礎の底面を平らにし、建物の通り心や基礎などの位置を決めるためにコンクリートを敷きます。コンクリートの隙間からプクプク見え隠れしているのは防湿シートです。この捨てコンクリートは基礎構造部ではありませんが、この上に鉄筋を配筋していきますので、出きるだけ表面部分を平らにしておきます。

19.2018年02月27日
防湿シート(ダブル)
防湿シート(ダブル)

【ダブル】シートは2枚敷きにすることで、よりしっかり防湿できます。見えなくなるところからしっかり施工!

20.2018年02月27日
防湿シート(シングル)工事
防湿シート(シングル)工事

地盤をしっかり転圧された後に・・・、防湿シートを敷き詰めます。防湿シートは、基礎の底盤部分を覆うように敷いていきます。これは、地面からあがってくる湿気を防ぐためのものですので、隙間が出来たり破れ(欠損)箇所ができないようにしていきます。【シングル】はシート1枚分の意味です。

21.2018年02月27日
着工!
着工!

いよいよK様邸の着工です!何もない更地から夢の実現が目の前にどんどん広がっていきます☆ワクワクです(^-^)/

22.2018年02月12日
祭事の色々・・・
祭事の色々・・・

【地鎮祭】?・・・「じちんさい」と読むほか「とこしづめのまつり」と読むこともあります。敷地の四方に青竹を立て、縄を張ります。デザオ建設では紅白幕やテントを張って執り行います☆その中で祭壇を組み、お供え物を並べます。祝詞をあげ、お払いをして浄め、お施主様・施工会社の担当者がその土地に鍬や鋤(写真:祭壇向かって左)を入れます。写真は当社社員(K様邸の監督)です!

23.2018年02月12日
地鎮祭☆現場レポートスタート!
地鎮祭☆現場レポートスタート!

K様邸、本日より現場レポートスタートです!この度はK様より現場レポートご協力頂きまして誠にありがとうございます。地鎮祭の様子からスタートです。【地鎮祭】とは、建築・土木工事の際に神様に工事が無事に最後まで完成するよう安全と建てた後の建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。参列は担当者のみになりますが、全社員がお客様の家の安全と繁栄を祈っております!

カテゴリ - すべて にある

その他の現場レポート

ページトップへ