現場レポート

カテゴリ|すべて

OMソーラーのある暮らし

大津市 Y様邸

1.2019年01月09日
雪の降る中・・・
雪の降る中・・・

Y様邸の地域では雪が降りました。少し積もって、寒さが伝わってきますね・・・。雪の中でも作業は続きます。暑い日も寒い日も、現場で作業してくださる職人さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

2.2018年12月26日
断熱材
断熱材を充填していきます!

断熱材の充填工事に入りました。こちらは「マグオランジュ」という断熱材。高性能グラスウールといわれるタイプの断熱材で、断熱等性能等級4(最高ランク)に対応する商品です◎原料はリサイクルガラスだそう。機能面、経済面、環境面などにおいて、さまざまなメリットがある断熱材です。

3.2018年12月21日
外壁材施工
外壁材施工

今度はいよいよ外壁材を施工していきます。防水透湿シートの上のタテの木材は「通気胴縁」と言って、外壁裏の通気層になります。土台から軒天井まで通気して、室内(壁内)の湿気を外に出すという大切な役割があります。この上に外壁材を施工していきます!Y様が選ばれたのはチャコールメタリックという色のサイディング。どんな外観になるのか、楽しみです♪

4.2018年12月20日
防水透湿シートと通気胴縁
防水透湿シートと通気胴縁

こちらは透湿防水シートと通気胴縁を施工したところ。透湿防水シートには湿気を通して雨水を防ぐ役割があります。もしも外部から外壁材内部に雨水が浸入した場合、このシートが雨水をブロックして柱などを守ります◎また、室内で発生した湿気が外へ逃げられるようにして内部結露が発生するのも防いでくれます。しわがないよう、また隙間ができないようしっかりと施工していきます!

5.2018年12月19日
上棟式
上棟式

上棟式・・・は建前(タテマエ)とも呼び、無事棟が上がったことに喜び、感謝するものです。上棟式は「儀式」というよりも施主様が職人さんをもてなす「お祝い」と言えるようです。工事に関わった人が一同に会して今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の元に家をつくり上げていこうとする意思表示の会でもあります。このように上棟式はお祝いの会ですので、一般的には地鎮祭と異なり、神主さんを呼ばないことも多いそうです。

6.2018年12月16日
基礎断熱・鋼製束
基礎断熱・鋼製束

床を施工する前に支えるための鋼製束もしっかり記録します。

7.2018年12月04日
床下断熱材
床下断熱材

養生(ブルー)シートの中に入りました・・・。床下に暖かい空気を取り込むOMソーラーは床下断熱をしっかり厳重に行います。基礎コンクリートの色が見えなくなりましたね、これで暖かい空気を外に逃しません。

8.2018年11月27日
上棟・養生・・・
上棟・養生・・・

おめでとうございます。Y様のお家が上棟致しました!これからどんどん造作工事が進んで行きますが、壁が仕上がるまで建物をしっかり養生して雨が吹き込むのを防ぎます。

9.2018年11月27日
建て方
建て方

青空広がる快晴の下、Y様邸の建て方が始まりました!写真左奥に大きなクレーンが設置され柱や梁を吊り上げ、職人さんの居る場所へと下ろしていきます。

10.2018年11月23日
土台据え工事
土台据え工事

気密性をしっかり高める施工が仕上がり、基礎の上に土台を据えていきます。
さて、とうとう上棟が始まります!

11.2018年11月23日
土間リスト敷き込み中
土間リスト敷き込み中

Y様のお家はOMソーラーが設置される為、こちらは立ち上がりの基礎の上に【土間リスト】を乗せています。土間リストとは『土台用気密パッキン』なんです・・・。基礎と土台の隙間を気密に保ち続け、基礎からの湿度もしっかり抑えています。

12.2018年11月20日
基礎完了
基礎完了

とうとう基礎が完成しました!コンクリートを打設した後、しっかり日を置く養生期間を設けるのですが・・・お天気や季節(地域)に左右されるろころがあります。もし雨や湿度の高い日などは乾かす(養生)ために真夏や晴天続きの日と異なりますので工程の日数にも季節により多少違いが見受けられる場合があります。※基礎工事では全現場について社内で配筋検査を行っています。

13.2018年11月07日
ベースコンクリート打設完了
ベースコンクリート打設完了

基礎のベース(底盤)にコンクリートの打設が完了しました!表面がツルッとして陽の光に当たりキラキラしていますね☆打設風景写真はありませんが・・・打設したコンクリートの表面を平滑に仕上げる作業(均し作業)をしてこのように綺麗な状態になります。この工程を怠りますと表面にひび割れ(クラック)が生じる可能性が高くなります。

14.2018年11月03日
配筋工事
配筋工事

さて防湿シートを敷き終えた基礎にはいよいよ配筋工事に移ります。防湿シートと配筋のい間に小さく見える石ころのようなものはこれは、【スペーサーブロック】というもので、通称はサイコロです。(^-^)このスペーサーブロックを鉄筋の下に敷くことで、鉄筋の下側のコンクリートの厚み(かぶり厚)を確保することができる重要なものなんです。小さくて可愛らしくも、大きくて重要な役割を担っています!

15.2018年10月27日
防湿シート(二枚目)
防湿シート(二枚目)

シートは二枚目を敷いていきます。こちらは一枚目とは向きを直角になるように敷いています。これで湿気もしっかり封じ込めます!重ねシロの長さもしっかり記録に残していますのでご安心下さい。。。

16.2018年10月27日
防湿シート(一枚目)
防湿シート(一枚目)

しっかり頑丈に転圧された地盤は、防湿シートを敷きます。こちらは、基礎の底盤部分を覆うように敷いていきます。この作業は、地面から上がってくる湿気を防ぐためのものですので、重ねシロをしっかりとって隙間が出来たり破れ(欠損)箇所ができないようにして施工していきます。

17.2018年10月23日
砕石ランマ-転圧工事
砕石ランマ-転圧工事

こちらは基礎工事前の砕石工事の最中です!砕石(さいせき)工事・・・とは?掘削工事完了後、基礎内部に7~15センチ位砕石を敷き込み、基礎が沈まないよう十分にプレート及びランマーで転圧を行い、基礎に必要な地耐力を出します。とても大事な作業になりますので記録にもしっかり納めていきます。

18.2018年10月23日
鎮め物
鎮め物

こちらは【鎮め物】と言います。土地の神様に鎮め物という納め物をします。地鎮祭からお預かりして大切に監督が保管していました。ちなみに箱の中身は人型、盾、矛、小刀、長刀子、鏡、水玉の七つ。これからの工事が安全に進み、Y様のご家族皆さまが安泰にお過ごし頂ける様・・・祈念しております

19.2018年10月23日
着工前☆
着工前☆

地鎮祭も終わり、基礎工事に入る前に更地の状態です。さあ、いよいよ着工です!

20.2018年08月24日
地鎮祭
地鎮祭

Y様邸、本日より現場レポートスタートです☆この度は現場レポートご協力、誠にありがとうございます!『OMソーラーのある暮らし』のお家が竣工するまでこちらで現場の状況をレポートして参ります!宜しくお願い致します(^-^)
早速ですが、こちらは地鎮祭の様子です。【地鎮祭】とは工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願う儀式のことを言います。Y様邸に携わる担当設計・コーディネーターなども立ち会わせて頂く事があります。

カテゴリ - すべて にある

その他の現場レポート

ページトップへ