現場レポート

カテゴリ|すべて

スカイガーデンのある木造3階建てクールモダンの家

京都市北区  T様邸

1.2018年11月15日
2.2018年11月13日
鎮め物
鎮め物

これが、納められた鎮め物です。ただ、これから基礎から建築にかかりますので、一旦、デザオ建設(監督)がお預かりし、工事途中に納めます。神棚の位置が決まっていれば、その下の地面・・・或いは建物の中心になる場所の地面に・・・。しっかり納めて工事の安全はもちろんのこと家・建物の繁栄を祈願します!

3.2018年11月04日
監督です
監督です

こちらT様のお家を担当させて頂く監督です(^-^)。この写真は盛り土に鍬・鋤を入れる儀式の中の一枚です。・・・その土地で初めて草を刈る「刈初(かりぞめ)」、初めて土をおこす「穿初(うがちぞめ)」、初めて土をならず「土均(つちならし)」と言う意味をもって行います。 最後に神職が鎮め物を納めます。

4.2018年11月04日
地鎮祭
地鎮祭

こちら地鎮祭の真っ只中の写真です。写真は神職が工事を行う土地を清め儀式を行っています。【地鎮祭】とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。 工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。

5.2018年10月25日
解体完了
解体完了

解体作業が完了しました。解体された時に出る廃棄物は【産業廃棄物】となってそれぞれの適応した中間処分先を通って最終処分場へと参ります・・・。この廃棄物達は選別・焼却され、埋立て地で管理されている場合もありますが・・・大切な資源となるためにリサイクルされて有価物となるものも沢山あります。解体の建物の大きさによって必要書類を届出したり。。。色んな段取りをふまえての作業、無事完了です☆

6.2018年10月24日
解体中
解体中

こちらT様のご建築場所の建物を解体中・・・というよりもう解体終盤です。京都市内は特に隣家との距離が本当に近く、ほぼ隣接しあっていることが多いと思います。前面道路も狭く重機やトラックが侵入するための十分なスペースが確保しづらかったり電柱や電線などのケーブルが解体対象物の目の前にある・・・といった事からご近隣の方々への騒音・振動、微量な粉塵・・・建物を単に【壊す】と言う作業の前にしっかり考えておくべき事が山ほどあります。監督や営業担当は解体業者様としっかり打ち合わせを行い近隣の皆さまへも安全安心を確保して作業を行います。(※写真掲載と実際の作業日は異なります)

7.2018年10月21日

T様邸!本日より現場レポートスタートです☆T様、この度は現場レポートにご協力頂きまして誠にありがとうございます!これよりT様の家づくりをしっかりレポートして参りますので宜しくお願い致します。さて、こちらは早速お打ち合わせの様子です♪T様のお家を担当させて頂きます営業・設計・コーディーネーターが一緒にお部屋の壁や床・建具の色、キッチンのオプションや扉の色、外壁の色を決めたり・・・照明のプランやエアコン、最後には表札やポストまでも・・・決めることが沢山ありますが、色んな提案もさせて頂きながら時には監督や業者さんとも☆楽しく進めていきますのでご安心を!

カテゴリ - すべて にある

その他の現場レポート

ページトップへ