現場レポート

カテゴリ|すべて

3つの庭を愉しむ暮らし

京都市上京区 M様邸

1.2018年03月29日
外壁のアクセント施し
外壁のアクセント施し

玄関の前にやって来ました♪可愛いくも繊細で落ち着いたタイルが施されました。こちらLIXIL社製のタイル【千陶彩】。カタログ紹介では『光と影が生み出す絶妙な陰影感・・・』とありました。アクセント使いをさせて頂いております☆足場の外れる日が楽しみです♪

2.2018年03月27日
外へ戻ってみましょう
外へ戻ってみましょう

外に回って見ると窓の廻りにビニールのようなものがフワフワしています。外壁は吹き付けのため、吹き付けが付いてはいけないところに全て養生しています。外壁はラス網が終わってモルタル→吹き付け・・・あっという間に最終工程にたどり着いていました(@o@;)

3.2018年03月23日
住設の据付
住設の据付

大きなキッチンが据えられました!キッチンの前横廻りには白いキッチンボードが・・・キッチンの廻りには【不燃】材料を取り付けます。養生のため、キッチンの上、前にはしっかり段ボールで目隠しです。まだまだ職人さんが入りますので大切に・・・

4.2018年03月22日
耐水ボード(洗面室)工事
耐水ボード(洗面室)工事

配線が終わると壁下地を施して行きます。水廻りと呼ばれる洗面脱衣室はこの緑色の耐水性のボードを張ります。防水性を高めていますので含水率を通常のボードより1/5に設定されています。

5.2018年02月10日
そんな頃の室内は・・・
そんな頃の室内は・・・

室内も覗いてみましょう!配線を沿わしています。床下の給水管と同じようにこちらも下地のボードやクロスで見えなくなってしまう前に全て綺麗に納めていきます。

6.2018年02月06日
アスファルトフェルト・ラス網工事
アスファルトフェルト・ラス網工事

木ずり完了しましたのでフェルトとラス網を施します。木ずりの次にアスファルトフェルトを隙間なく張り詰め、この上にラス網を張っていきます。このラス網を施すことで次に施工するモルタルなどの剥落を防ぐ役目と地震や風などので建物が揺れるとき、塗り壁やタイルの補強材となりますので慎重・丁寧な施工を心掛けています!現場で採用されているのはWラスと言って、力骨付きのラスが次に施されるモルタルと一体化! 耐震性と施工性に優れた下地材なんです☆開口部(窓)周りには更に斜めに網が張られているのが見えると思いますが・・・これは開口部の補強としてクラック(ヒビ)のいきやすい場所に全て施しています。木は生きているのでどうしても動きます、そのせいで剥がれ落ちそうな外壁材をしっかり受け止めるようにしているのです!

7.2018年02月05日
軒天 換気
軒天 換気

屋根の裏(下)側に回ってみましょう(@。@)
屋根の裏側(庇の部分)は軒裏と言います。この一見真っ白なボードだけのように見える軒裏にもちゃんと換気が施されています。壁との取り合い部分をよく見て頂くと細長い白い部材がお分かり頂けますでしょうか?こちら軒裏換気部材です。木は息を常にしています・・・換気口で空気の通り道をしっかり施すことで結露やカビを防止します。

8.2018年02月04日
マナーアップ!美化活動☆安全第一!
マナーアップ!美化活動☆安全第一!

現場には安全は絶対条件です!作業をする職人さんのお仕事はそれぞれ違いますが、安全と現場を綺麗に保って作業して頂く事は全員共通です!そのためには一緒に作業する方や次に入る方のために常に綺麗に一作業一清掃を心掛けて頂きます!現場の目立つところに掲示板を貼っています☆

9.2018年01月31日
木ずり(外壁下地)工事
木ずり(外壁下地)工事

続きまして通気胴縁の次に【木ずり】工事に入ります。こちらは吹き付け・タイル仕様の外壁の場合に下地として施される物です。まだまだ下地工事は続きますよ♪余談ですが・・・写真右手に見えるボックスはなんだと思いますか?こちらは【安全ボックス】といいます。中には『ヘルメット・消火器・薬箱・掃除用具・スリッパ・吸い殻入れ・・』などが収納されています。夏には塩飴なんかも置いています。現場での安全・美化管理に絶対の必需品です!!

10.2018年01月30日
通気胴縁(外壁)工事
通気胴縁(外壁)工事

少し前に透湿防水シートを貼っていましたので今回は次の工程→です。
細い木が縦にいくつも取り付けられています、こちらは【通気胴縁】と言いましてこの上に来る更なる下地材との間に通気層を設けるための部材なんです。シートで通気はしますが万が一水が入り込んだとしてもこの層から下へと流し落とすような仕組みになっています。

11.2018年01月15日
屋根(ルーフィング)工事
屋根(ルーフィング)工事

屋根、家の中を雨から守っているのは屋根材(瓦)と思われがちですが、屋根材は雨が直接進入するのを防いではいますが、家を(下地など・・)雨から守っているこの工事!『ルーフィング(防水シート)』がとても重要なんです。

12.2018年01月08日
断熱材(充填状態)工事
断熱材(充填状態)工事

こちらは壁一面に断熱材が充填された状態です。(断熱材は部分的に捲られていますが、金物等の検査後にしっかり閉じます。)外側の防水シートがしっかり貼られて雨水等を室内に侵入させない状態にしてこの工事が始まります。これからボードが施工され、ドンドン室内の造作工事が進みます!

13.2018年01月07日
外壁(防水透湿シート)工事
外壁(防水透湿シート)工事

外側に回って見ると防水透湿シートの施工が始まっています。雨水が万が一進入したとしても下へ下へ落ちるように下から上へ上へと重ね貼りしていきます。重ねシロもしっかりとって、通気だけしっかり行えるよう見えなくなる部分の施工ほど丁寧に行って行きます。

14.2018年01月06日
サッシ取付工事
サッシ取付工事

窓廻りの造作がしっかり施工されてサッシ枠が取り付けられました。

15.2017年12月21日
上棟式
上棟式

上棟式・・・は建前(タテマエ)とも呼び、無事棟が上がったことに喜び、感謝するものです。つまり、上棟式は「儀式」というよりも施主が職人さんをもてなす「お祝い」と言えます。工事に関わった人が一同に会し、今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の元に家をつくり上げていこうとする意思表示の会でもあります。このように上棟式はお祝いの会ですので、一般的には地鎮祭と異なり、神主さんを呼ばないことが多いです。ただし、地域によっても異なります。

16.2017年12月13日
上棟!
上棟!

棟上げが完了しました!大きな間口でとても大きなお家です!

17.2017年12月12日
土台据え工事
土台据え工事

立派な土台が基礎と鋼製束の上に据えられていきます。少し見えている水色のホースの様な物は給水管です。ピンク色は給湯管です。

18.2017年12月06日
基礎完了!
基礎完了!

立ち上がりも全て綺麗に打ち上がりました!アンカーボルトという金物が少しずつ頭を出していますが柱や土台がまだか・・・まだか・・・と首を長くして待っているようです(^0^)

19.2017年11月24日
Jシール
Jシール

【J-シール】?は、非加硫ブチルゴム系の接着剤で、コンクリートの打継部からの漏水を防止する止水板です。基礎の底盤が打ち上がりましたので、次は土台や柱を乗せるために立ち上がりの部分の基礎を打設していきます。

20.2017年11月23日
配筋全景
配筋全景

こちらが配筋された全景です♪型枠が設置されコンクリートを打つのを待つばかりですよ!

21.2017年11月20日
配筋工事
配筋工事

防湿シートが2重で敷き込まれて捨てコンクリートまで完了するとやっと配筋工事に移ります。配筋の検査は全現場、行っていて検査で是正箇所がある場合は必ず監督を通じて基礎業者に速やかに処置をしていただきます。

22.2017年11月19日
防湿シート(ダブル)
防湿シート(ダブル)

防水シートは2重に敷きます!重ねシロも多くとって、地面からの湿気が上がってこないよう、しっかり防湿しています!

23.2017年11月18日
鎮め物
鎮め物

こちらは【鎮め物】と言います。地盤がしっかり固まったら土地の神様に鎮め物という納め物をします。地鎮祭からお預かりして大切に監督が保管し、やっとこの時点で納めます。これからの工事が安全に進み、M様のご家族皆さまが安泰にお過ごし頂ける様祈念しております。

24.2017年11月17日
砕石厚
砕石厚

工事の記録。工事中、違う現場や打合せに向かう監督にとって業者様に協力頂く記録はとても大切です。これらをまとめて最後はお客様にご提出します。

25.2017年11月16日
砕石転圧
砕石転圧

こちらはホワイトボードが少し反射して見えませんが(笑)・・・砕石転圧工事を完了したところです。7~15センチ位砕石を敷き込み、基礎が沈まないよう十分にランマーで転圧を行って
住宅基礎に必要な地耐力を出します。とても地味なお仕事ですが、基礎の大元になる地盤が崩れないようとても大切な工事をしています。

26.2017年11月15日
着工!
着工!

地鎮祭も終わり、着工前となりました!いよいよこれから基礎工事に入ります♪コンクリートの壁のようなものは見たこと有ると思うんですが・・・、そこまでたどり着くのに色々とあるんです!

27.2017年11月10日
お清め
お清め

地鎮祭・・・建物を建てる土地の氏神様の神職をお招きしてとりおこないます。お供え物をし、祝詞をあげ、お払いをして浄め、施主が初めてその土地に鍬(くわ)や鋤(すき)を入れます。写真は神職の後方にM様の営業担当が付いて土地に直接お清めをしています。

28.2017年11月09日
地鎮祭☆現場レポートスタート!
地鎮祭☆現場レポートスタート!

M様邸、本日より現場レポートスタートです☆この度は現場レポートご協力、誠にありがとうございます!『3つの庭を愉しむ暮らし』の竣工までこちらで現場の状況をレポートして参ります!宜しくお願い致します(^-^)
早速ですが、こちらは地鎮祭の様子です。【地鎮祭】とは工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願う儀式のことを言います。この写真左手にはお客様もいらっしゃいます。

カテゴリ - すべて にある

その他の現場レポート

ページトップへ