ページトップへ
技術と品質

技術と品質

創る心意気、造りあげる技術。

心ある「つくり手」として。

設計したら、あとの施工は下請け業者にすべてお任せ――そんな無責任なことは一切しません。
磨き抜かれた技術を現場で発揮するのはもちろん、作業の状況を的確に把握し、お客様の今後にまで思いを馳せることができる。
それがデザオ建設の施工チームです。

 

その性能を構造計算で証明する。

住まいは地震や台風、積雪など、思わぬ力の影響をさまざまに受けます。こうした自然災害の際にも安心して住み続けることのできるよう、国は住宅の品質確保のための制度を設けていますが、その性能表示における最も重要な項目とされる「構造性能耐震等級」において、デザオ建設では最高等級3を基本としています。これは震度7の揺れに耐えるとされる建築基準法の基準に対して、その1.5倍の対策が講じられていることを認めるもので、建物の倒壊や崩壊を防ぐだけでなく、その損傷を極力少なくするために、柱や梁、耐力壁をはじめ、接合部材にいたるすべての部材の強度を科学的に検証・立証しています。

 

現場写真

 

京都の匠とつくる。

一軒の住まいにはたくさんの部材が使われています。その一つ一つを丁寧に扱い、緻密に組み上げてはじめて設計通りの耐久性や安全性、さらには快適性や美しさが保証されます。逆を言えば、住まいの完成度を高めるためには、施工のレベルの高さ、質の高さは必須条件であるということです。
だからこそ、デザオ建設では現場を大切にし、職人たちを大切にしています。京都という土地柄、風土を知り、京都の気候を知り、京都の住まいを知り尽くし、つくり続けてきた大工、左官、板金から、建具師、畳師にいたる匠の手なくして私たちの仕事は成り立ちません。
京都の街に凛とした風情を醸し出す塗り壁も、暑い夏に深い日陰をもたらす屋根も、玄関に続く静かな石畳も、塗り方ひとつ、葺き方ひとつ、敷き方ひとつで随分違ったものとなります。職人も、それを束ねる現場監督も、住まいづくりに高い技とプライドがあるからこそ、「これがデザオ」と胸を張れる、質の高い住まいをお届けできるのです。

  京都の匠とつくる

 

京都の匠とつくる

京都の匠とつくる

 

「高品質」を徹底する。

工事が完了しても、それで終わりではありません。お引き渡し前に担当全スタッフと品質管理部によって厳格なチェックを行い、建物のホルムアルデヒドの濃度測定など、専門機材を用いて安全確認を徹底します。こうした「人による検査」と「機器による検査(=数値の裏づけ)」に合格後、お客様にご確認いただき、お引き渡しとなります。
また、デザオ建設では、サービスの品質保証とお客様の満足度のさらなる向上を目指して、1999年、品質マネジメントの国際規格「ISO9001」の認証を取得しました。着工からお引渡しまで各段階において第三者の確認検査機関による厳重な検査を継続的に行い、改善努力を果たすことによって、より質の高い住まいをお届けしたいと考えています。

 

 

 

 デザオ建設の家づくりが詳しくわかる資料はこちらから!
資料請求