非日常を愉しむアート空間

城陽市 アトリエ・事務所

注文住宅|すべて

非日常を愉しむアート空間

オープンテラスでも楽しく時間が過ごせるよう、11本の植栽(樹種)にもこだわりました。

 

画像のみを表示全 7 枚中 1 枚目を表示Next ≫
非日常を愉しむアート空間
画像のみを表示全 7 枚中 2 枚目を表示≪ PrevNext ≫
非日常を愉しむアート空間
画像のみを表示全 7 枚中 3 枚目を表示≪ PrevNext ≫
非日常を愉しむアート空間

作業カウンターにはシンクを設け、来客時の接待や、時にはカフェ空間にもなるようにしました。

画像のみを表示全 7 枚中 4 枚目を表示≪ PrevNext ≫
非日常を愉しむアート空間

手洗いコーナーもコンクリート調のカウンター、壁に白いボウルを合わせすっきりとした印象に。鏡に映り込むものさえ絵になります。

画像のみを表示全 7 枚中 5 枚目を表示≪ PrevNext ≫
非日常を愉しむアート空間

21帖ある事務所スペースはSE構法ならではの大空間で、デスクの配置も用途に合わせて配置することが可能です。

画像のみを表示全 7 枚中 6 枚目を表示≪ PrevNext ≫
非日常を愉しむアート空間

事務所と外とはフルオープンのサッシでつなぎ、周囲の目線を気にすることのないプライベートガーデンとして利用できます。

画像のみを表示全 7 枚中 7 枚目を表示≪ Prev     
【POINT】

1階は造形作家の施主のアトリエ兼ギャラリー。2階は事務所スペース。

SE構法で木造でありながら12階ともに大空間、大開口を実現しました。

建物も含めて一つの作品となるよう、素材と色調、カタチをこだわりぬいた建物。

植栽一本一本にもこだわり、外空間のつながりを大切にしました。

無機質な建物に家具と作品が入ることで、命が吹き込まれました。


【建築DATA】

京都府城陽市(新築)
建築概要/木造3階建て(SE構法)
敷地面積/164.16㎡(49.65坪)
延床面積/109.41㎡(33.09坪)