現場レポート

カテゴリ|すべて

京の町中にあってプライベートコートを獲得する暮らし

北野展示場リニューアル工事

1.2018年04月17日
2階フリースペース 木製サッシ
2階フリースペース 木製サッシ

2階のフリースペースに上がってきました。こちらには木製のサッシが納品されています。少し木製サッシ【タミヤ社製】のご紹介です♪こちらのシリーズは「ヘーベシーベ大型引戸」です。ハンドルを180°回転さすことで、ハンドルに連動した戸車が上がることにより障子を持ち上げワンアクションでスムーズな開閉ができ、任意の位置で障子を固定することが可能です。閉めるときは戸枠にある複数のロック金物と障子にあるギアがかみ合い閉めつけます。ハンドルを元に回転さすことによって戸車が下がり、障子の下部にあるガスケット(気密材)と下枠の隙間をなくし、気密性能を高めます。 この窓の特徴は超大型引戸に対応でき、約7㎡(障子一枚)、重量400Kg(障子一枚)までスムーズに開閉することができます。ですので複層硝子はもちろん、高性能熱線反射硝子、防犯硝子、高断熱LOW-Eトリプル硝子、ダブルLOW-Eトリプル硝子、クワトロ(4層複層硝子)、さらに空気層にアルゴンガス入りなどの組み合わせによりさらに断熱性能を高めることが可能です!

2.2018年04月14日
室内足場
室内足場

こちら室内なんですが・・・足場が入っています。吹き抜けの高い部分には作業床が必要になりますので足場を設置します。お客様のお家にも吹き抜けのリビングや吹き抜け階段の上部に窓が付いているなど・・・の時はこんな風にして作業しています。

3.2018年04月14日
大工工事ぐんぐん進む
大工工事ぐんぐん進む

大工工事も波に乗ってきました!大工さん用の作業台を製作してその上で何でも刻んだり加工して行きます。作業場としてはとても捗りそうです♪

4.2018年04月14日
配線工事
配線工事

配線が尋常じゃないほどに・・・(^-^;)展示場ですからねっ♪てことも多少はありますが、結構お客様のお家にも沢山の配線があるんですよ!一度天井裏を覗いて見られてはいかがでしょう(笑)?絡まらないように綺麗に束ねておきます。

5.2018年04月14日
ズドーン・・・
ズドーン・・・

室内に戻ります。上から覗き込むような開口があります。吹き抜けにしては小さい・・・(@。@)そうそう、、こちらはエレベーターのスペースです。

6.2018年04月13日
木ずり(外壁下地)工事
木ずり(外壁下地)工事

通気胴縁の施工が終わるとさらに下地工事は続いて・・・【木ずり】と呼ばれる木の壁のような下地を作ります。柱および間柱に留める板のことです。ラス下地板は単にラスの取付け下地としてではなく、軸組補助材としての構造的な役割をもつ材料でもあります。

7.2018年04月13日
展示場入口
展示場入口

展示場の入口から見てみましょう☆一番職人さんが出入りするところでもありますので業者証ケースを目に付くところに掲げています。誰が今、中で作業して頂いているのか大きな現場でもすぐに分かります!!建築現場には全てこちらを用意しています。

8.2018年04月12日
外壁・防水透湿シート&通気胴縁
外壁・防水透湿シート&通気胴縁

【DEZAO】のロゴが入った防水透湿シートの施工が下から施されていきます。シートが張り終わると通気(空気を通す)の為に外壁の内側に通気胴縁を縦向けに沿わしていきます。シートの重ねシロをしっかりとって空気は通せども水は通さず♪湿気を籠もらせないようにします。

9.2018年04月07日
スライドも見て・・・
スライドも見て・・・

展示場ではお客様へのご対応でしっかりしたお答えをするという事をふまえて、現場を見て質問して終わり~ではなくスライドを通してのレクチャーもありました。建築スタート前には本社社屋で内勤や工事課員達も勉強会に参加していますよ

10.2018年04月07日
勉強しています!
勉強しています!

先日建築中の北野展示場に、今回の展示場を監修頂いております先生にお越しいただき、断熱、気密の大切さを施工する観点からレクチャー頂きました。弊社の営業・設計などの社員はもちろん、今後の現場に従事頂く職人さん方にもご出席頂きました。みんな真剣な表情で色んな角度からの質問なども飛び交って充実した勉強会となりました!

11.2018年04月05日
今しか見られない!建築途中見学会【北野展示場】
今しか見られない!建築途中見学会【北野展示場】

先ほどのレポートに早速行われる見学会の日時を書き忘れておりました!『4月8日(日)10:00~17:00』です!今回の注目ポイントは、快適で健康な家づくりに欠かせない「気密性」「断熱性」!壁材や床材で見えなくなってしまう部分を是非この機会にご覧下さい!お待ちしております(^0^)/

12.2018年04月04日
ダイニングキッチンからリビングと中庭を・・・
ダイニングキッチンからリビングと中庭を・・・

ブルーシートと仮設シートで暗くなりがちな段階の現場なのに開口が大きいとこんなにも明るいんですね♪なんて思ってしまいます(^-^)展示場だからでしょ?なんて思わないで下さい。お客様の実際のお家でも明るい陽射しで満開のお部屋が沢山あります☆その秘密は工法や間取りのとり方・・・色々あります!デザオ建設の構造見学会や完成現場見学会へ是非お越し下さい!(あ、現場レポートから少しお話しそれました(笑))

13.2018年04月03日
和室の窓はAPW430
和室の窓はAPW430

窓が取り付けられました!こちらはYKKの【APW430:大開口スライディング】はとても機能性高いんです!障子の右端におおきめの取っ手が見えます・・・こちら『戸先錠付サポートハンドル』なんて名前が付いています。開閉に必要な力はなんと今までの引き違いに比べて1/10だとか・・・(@0@)わーぁーー引いてみたいです!と心で叫んでます(笑)窓に入った硝子もトリプル(3枚)なんです!!ホントにそんなに軽いの?!半信半疑な私です・・・。あ、高い機能性のお話しがまだ1つだけですね、長くなりましたので次に残しておきます。

14.2018年04月03日
壁用断熱材(付加)
壁用断熱材(付加)

基礎に敷き詰められていた板状の断熱材とは違って今回は壁用にグラスウール(繊維状)の断熱材:アクリアジオス(付加)が用意されています。『付加断熱』・・・?とは、もともと寒冷地などで良好な温熱環境と省エネルギーを求める一部で行われていたそうです。柱間に高性能断熱材を充填し、その外側に更に高性能断熱材を外張り付加するという形になります。では・・・充填断熱材はどんなものでしょうね?

15.2018年03月26日
ダクト
ダクト

こちらはパッシブ冷暖・・・のダクトです。排水・給水管とはまた違って断熱性高そうなもので巻かれていますね・・・。

16.2018年03月26日
基礎断熱
基礎断熱

基礎の上、立ち上がりに断熱材。堅そうな板状の断熱材が!?。・・・実は新しい北野展示場は【パッシブ冷暖】という仕様の建物になります。☆簡単に言うと床下空間を利用してエアコンで冷暖房するシステムのことを言います。特徴として、自然のエネルギーを最大限に利用して小さいエネルギーで冬暖かく、夏涼しい・・・をさらに高い目標値に持っていくこと!です。

17.2018年03月24日
サッシ搬入
サッシ搬入

所々に白い枠が見られます・・・。窓枠ですね。北野展示場ではYKK AP社製の『APW431』・『APW330』を仕様としています。樹脂サッシの熱の伝わりは、アルミの約1000分の1となりますので室内外の温度差から生じる結露を大幅に軽減してくれます。因みに・・・YKK APの“AP”って?「建築用工業製品」という意味
Architectural Products(アーキテクチュラルプロダクツ)の頭文字をとったもの・・だそうです。

18.2018年03月24日
配管施工
配管施工

なんか床下にウジャウジャしてますね・・・ピンクが給湯管、ブルーが給水管。グレーは?排水管です。給水管は見て数えるだけでも10本!(@。@;)やはり展示場・・・ですね。実際にお越し頂きましたらどこにどんだけ?なんて確かめて下さい♪

19.2018年03月17日
断熱材
断熱材

室内には沢山の板のようなものが積み込まれています。これから充填し尽くす断熱材です。

20.2018年03月16日
万能塀
万能塀

万能塀にデザオ建設の歴史写真♪が刻み込まれています・・・懐かしい写真(建物)も・・・皆さんはどこまで覚えてらっしゃいますか?年代と共に移り変わってきた建物、通りすがりでも眺めていって下さい!さぁ未来に向かってまた新しい歴史をつくりあげていきます・・・

21.2018年03月12日
吹き抜け
吹き抜け

どーーーん!下から大屋根を気持ちよく仰げる広ーい吹き抜けです。想像するだけで気持ち良いです~♪

22.2018年03月11日
屋根(ルーフィング)工事
屋根(ルーフィング)工事

屋根は野地板の上にアスファルトルーフィング(防水シート)が張られ、屋根の下地としては完成です。屋根のど真ん中が開いていますね・・・???ここから部屋の光の差し込み方はどんな感じになるんでしょう・・・屋根材の仕上げはどんな仕様になっているのでしょうか?楽しみです♪

23.2018年03月10日
床

大引き、根太・・・と床板を支える床組が完了すると床下地材を敷き詰めていきます。床材が敷かれるとより大工さんも色々と動きやすくなってきます。

24.2018年03月10日
資材搬入
資材搬入

屋根がかかって床が敷かれると室内に資材が納品されていきます。ブルーシートが外部の壁に沿って貼られているのはまだ壁に下地も施されていないので中の資材を守るためです。仮設シートとはまた違う用途でのシート保護をしています。

25.2018年03月09日
仮設
仮設

躯体はしっかり養生のためブルーシートで囲われ、現場の廻りを囲む足場には仮設シートで覆われていよいよ外壁・屋根・造作工事がスタートしていきます!右端にかかるはデザオ建設のシンボルマーク☆おっちゃんシート(^-^)です。今日も元気に現場はスタートです!

26.2018年03月07日
屋根(野地板)下地を施工しています
屋根(野地板)下地を施工しています

屋根の上に小さく人が見えますでしょうか(@。@)?
屋根の垂木の上に下地材(野地板)を張っていきます。さらに防水シートを敷いてやっと屋根材となります。室内を施工していく前に、まずは屋根・壁で雨風が室内に入り込まないよう工程を進めていきます。

27.2018年03月06日
建て方完了☆
建て方完了☆

夕陽が当たりはじめた北野・・・ついに棟上げまで完了しました!(^-^)!
建物は仮設シートで暫くの間、目隠しです・・・。近隣の皆さまに埃や危険が伴わないよう安全管理に気を引き締めて工事を進めていきます!

28.2018年03月06日
建て方ぐんぐん進みます!
建て方ぐんぐん進みます!

柱には金物が取り付けられ、梁に取り付けられるのを待っています!職人さんの数は5.6人ほどでしょうか、一日で仕上げますので急ピッチで行っています。

29.2018年03月06日
建て方スタート!
建て方スタート!

ついに建て方が始まりました!、気持ちよく重機も職人さんも動きやすい快晴のなかで安全安心の工事を進めていきます(^0^)/

30.2018年03月05日
土台据え工事
土台据え工事

足場を掛け始め、土台をボルトや金物でしっかり留めていきます!なかなかしっかりした雨が降ってきましたがしっかり乾燥させた資材(土台)ですので少しくらいの雨ではビクともしませんのでご安心を♪さあ、ついに上棟を迎えます(^0^)明日が楽しみです☆

31.2018年03月04日
資材搬入
資材搬入

いよいよ資材(躯体)が搬入されていきました!!本日は雨のため職人さんは雨具を着ていますので資材もしっかりビニールで養生しています。各所に配られている鉄っぽいものは建物周囲を囲うための足場部材です。

32.2018年03月02日
基礎
基礎

綺麗な基礎が出来上がりました☆少し遠くて分かりにくいですが・・・基礎の立ち上がり部分から次の土台や柱に繋がる為のアンカーボルトという金具が頭を出して待っています(^-^)区切られた立ち上がりは部屋の間取りのためにされています。

33.2018年03月01日
基礎完成☆
基礎完成☆

基礎が綺麗に仕上がりました!養生期間を終え、型枠を取り外しにかかっています。

34.2018年02月26日
養生期間
養生期間

全てのコンクリートが打設されると養生期間となります。基礎の養生期間は外気温によっても変わります。今は寒い時期となりますので夏よりも少しゆっくりめに強度が出てきます。

35.2018年02月25日
打設工事中!
打設工事中!

打設している所です!ポンプの先を支える人・バイブレーター(振動機)をかける人がいて作業は進みます。なぜバイブレーター(振動機)をかけるかというとコンクリートの中の細骨材・粗骨材を均等にいきわたらせるためです☆これをやる・やらないで基礎の完成が全然違うようです・・・。もちろん全現場やっていますよ!ちなみにバイブレーター(振動機)以外にも、基礎業者様で型枠をトントン叩いたりして均一をはかっていただいています。

36.2018年02月24日
ミキサー車(コンクリート打設)
ミキサー車(コンクリート打設)

ミキサー車とポンプ車が現場にやって来ました!いよいよ型枠に流し込み(打設)ます!

37.2018年02月23日
立ち上がり型枠完成
立ち上がり型枠完成

立ち上がりの型枠が完成し、あとは型枠にしっかりコンクリートを流し込むだけです。

38.2018年02月22日
立ち上がりの型枠工事
立ち上がりの型枠工事

基礎の底盤が出来上がりましたので立ち上がりの配筋を包むように立ち上がりの型枠を施工していきます!

39.2018年02月22日
型枠を近くで・・・
型枠を近くで・・・

少し近づいて見てみましょう☆基礎のコンクリートが一番の耐久性がないとダメなところですので!型枠もしっかり頑丈に!!!それにしても上から降ってくる物は無いのにヘルメット!?いえいえ、現場はつまづいたら下にも危険があります。必ずヘルメット着用です。

40.2018年02月21日
底盤コンクリート打設完了
底盤コンクリート打設完了

底盤部分のコンクリート打設が完了された状態の全景です。上から職さんが綺麗に慣らして頂いているのが見えます。

41.2018年02月20日
底盤コンクリート打設!
底盤コンクリート打設!

配筋が完了しましたので検査も終えてコンクリート打設に入ります!コンクリートが 生コンミキサー車から圧送車へ生コンを移されて、この圧送車からポンプを使用してコンクリートを打設していきます!

42.2018年02月20日
ミキサー車
ミキサー車

道を走っているのを見かけられたことありますよね♪これがミキサー車です!コンクリートが中で固まらないようにグルグル回りながら走っています。コンクリートの打設のために来てくれています(^-^)

43.2018年02月19日
配筋工事全景
配筋工事全景

配筋がついに仕上がりました!いよいよコンクリートの打設に入ります☆

44.2018年02月18日
配筋に接近!
配筋に接近!

配筋を大きく近くで見てみましょう。鉄筋を単に並べている訳ではなく、とても緻密な計算がされてしっかり検査をして次工程に進みます!

45.2018年02月15日
配筋工事
配筋工事

地盤の湿気の上昇を防ぐ防湿シートがダブルで施されていよいよ基礎のメイン!配筋工事へと移っております♪綺麗に配筋されていよいよ基礎型枠工事へと進めていきます!こちらも配筋検査までしっかり行います!

46.2018年02月09日
基礎着工!
基礎着工!

とうとう基礎工事が始まりました!地盤をしっかり固める作業をしています。

47.2018年02月06日
地鎮祭
地鎮祭

地鎮祭とは工事が安全に速やかに終わるように、その土地の神様をお祭りするものです。工事の安全を社員・職人さん一同で一心にお祈りしました。

48.2018年02月06日
お清め
お清め

敷地に直接お清めして頂きます。素晴らしい青空に恵まれて清々しい祭事を執り行うことが出来ました!

49.2018年02月06日
手水桶・手水受・ごみ箱
手水桶・手水受・ごみ箱

今日は北野展示場の地鎮祭の日です。大きい敷地の中にテントを立てて準備しています。周りに遮るものが無いからでしょうか・・・ビニールで囲っています。最近、寒さがとても厳しいので寒さ対策と風で色んなお供え物が飛ばないよう兼ねて・・・現場監督の配慮です♪地鎮祭に入る前にこんな準備をする場合もあります。神社を参拝する前にも清めるのと同じですね。

50.2018年02月05日
万能塀
万能塀

こちらは土のすき取りも完了し新しい工事に向けて万能塀を取り付け中です。どんな塀に仕上がるのでしょう☆長い間の塀になりますのでおしゃれな柄でしょうか?楽しい柄か・・・格好イイ柄か・・・こちらも少しお楽しみです♪

51.2018年02月04日
土のすき取り
土のすき取り

すき取り工事=鋤取り(・・と書きます)。ある一定の厚さに薄く土をすくい取って均して綺麗にする事をすきとり作業と言います。解体業のお仕事は建物を壊すだけではなく、しっかり綺麗に工事がしやすい土壌にして引き渡して頂くんです!

52.2018年02月03日
北野展へお越しの際は・・・
北野展へお越しの際は・・・

今まで『今出川上七軒角・・・』と言えば【デザオ建設の北野展示場!】が目印でしたが、『あれ?なくなった・・・?』と思わないで下さい!上七軒通りを挟んで西側にデザオデザインスタジオで皆さまのお越しをお待ちしております(^0^)そして新展示場が出来るまでワクワクレポートをこちらでお送りしていきます♪

53.2018年02月01日
ついに更地に!
ついに更地に!

土色が見えています。色々あった物がなくなりました!解体中は近隣の皆さまには、ご迷惑お掛けしました事、申し訳ございませんでした。そして・・・またこれから新築にあたり、さらに長い期間の工事が始まります。より一層、気を付けて弊社監督と協力業者様とで安全安心の工事を進めていきますので何卒宜しくお願い申し上げます。

54.2018年01月29日
分別は続く・・・
分別は続く・・・

解体から出る産業廃棄物には数多くの種類が有りますのでそれらを分けて処分先に運んで処理します。それをいかに効率よく出来るか・・・解体現場でしっかり分けて環境に優しく処理を進める事が出来る協力業者様と共にお仕事しています!北野展も丁寧に解体して頂き幸せです☆さぁ、これから新しい展示場に向けて出発です~♪

55.2018年01月27日
ラストスパート!
ラストスパート!

北野展解体はそろそろ終盤です。北野ギャラリーから見てみると基礎まで崩されています・・・この基礎達も埃が舞いますので、まだ仮設シートは外せません。まだ重機も仕事が残っていますので3台も入っています!

56.2018年01月26日
鉄骨3階見えなくなりました!
鉄骨3階見えなくなりました!

今週はとても寒い日が続いております・・・。雪の降る中、今出川通りより展示場が3つとも見えなくなりました・・・。徐々に防音(仮設)シートも外され、足場は低くなっていきます。まだ中では処理が行われていますので完全に埃や音がなくなるまでもう暫くかかります。

57.2018年01月23日
とうとう鉄骨3階建て解体!
とうとう鉄骨3階建て解体!

一番頑張ってくれた鉄骨3階建て展示場・・・さようなら(;-;)です。ありがとう・・・とホントに寂しくなりますが、ここで解体工事のお話しも。鉄骨造は内装の解体処分にとても時間がかかります。木造や鉄筋コンクリートに比べて分別処分が多くなるからなんです。内装の解体工事が完了すると壁材等を取り外し、重量鉄を切断しながら進めます。同時に建物が低くなっていきますので養生も低くしていきます。風による転倒を防止したり風を切る音が大きくなりますので近隣の方へのご迷惑にならないようにするためです。

58.2018年01月22日
3階建プログレス解体
3階建プログレス解体

真ん中にありました3階建てのプログレスも無くなってしまいました・・・。綺麗に基礎まで。基礎の部分はコンクリートが地面に埋まっている状態ですのでそのまま人力では取り外すことのできない部分です。 基礎の解体工事をするときにはペンチのような形状をしたアタッチメントを作業車の先に取り付け、コンクリートでできた基礎の部分を取り壊して外すのです。そしてコンクリートのバラバラになった部分はダンプで運び出します。基礎を取り外した後は地面が凸凹の状態になっていますので、それも作業車によって地面をならして解体工事は完了になるのです。

59.2018年01月14日
解体中・・・
解体中・・・

解体はもうここまで進んでいます・・・。重機で丁寧に壊しています。とても大変な作業なんです、解体って。近隣・道路へ物が飛んでいかないように、音も最小限に、硝子や材木、瓦やタイル・・・色んな種類の廃棄物を整理しつつ壊していくのです。重機を扱うのは人の手です。熟練した解体業の腕の見せ所です!画像的には少し寂しくなりますが、新しい展示場に向けて通る道ですね☆

60.2018年01月12日
解体続行中!
解体続行中!

北野展示場の解体は継続中です。近隣の皆さまへは音や大型車の出入り等々大変ご迷惑お掛けしておりまして申し訳ございません。もう暫くの間、宜しくお願い致します。足場が一番上までかかりました。同時に養生シートでしっかり建物を囲い込みました。解体には養生がとても大切になります。展示場は綺麗なシートでよれやたるみもなく、しっかり設置出来ています。養生が破れていると、その破れから粉塵が漏れて飛散したり、隙間ができることで防音効果が薄れてしまいます。更に、破れた部分に解体工事で発生したがれきや資材が引っかかってしまい、危険な事故につながってしまうこともあります。安全対策への関心は常に高く持ち続けることが大切です。こちらの解体工事の協力業者様は常にお客様の解体も請け負って頂いております。現場だけでなく、書類や手続き関係など事務的なお仕事も安心安全な業者様です(^-^)

61.2017年12月22日
北野展示場 解体工事
北野展示場 解体工事

先日、北野ギャラリーが竣工しました!そして・・・今回は北野展示場のリニューアル工事に取りかかるため、北野展示場3展が解体されることになりました。デザオ建設のシンボルだったとでも言いましょうか☆一番手前に見える鉄骨3階建ての建物は築31年!私事ですが・・・入社前に就職活動当時のチラシの中にありました。これが解体されるのか・・・今まで何度も展示場が解体されてきた中でこちらだけは何だか切ない気持ちになります(;-;)31年間、色んなお客様にお越し頂き、色んな想い出の詰まった建物ですが、今後もそれらを無駄にすることなくお客様にとってさらに満足頂ける展示場へとリニューアルしていきます!現場レポートで配信していきますのでどうぞお楽しみに!(^0^)!

カテゴリ - すべて にある

その他の現場レポート

ページトップへ