スタッフブログ

アフターサービス事業部 阪田です。

前回に引き続き、メーカー商品の型番記載箇所を紹介させて頂きます。

今回は、ガスコンロになります。

ガスコンロも10数年程ご使用されると、機器のメンテナンスが発生したりもします。

電池を入れ替えても点火しないなどのいわゆる点火不良が一番メンテナンスの発生頻度が多く、弊社でも修理受付をさせて頂く割合も大変多いです。

そこで、ガスコンロの型番シールが記載されている箇所についてご説明させて頂きます。

急いでおられる時にガスが点火しなくなってしまい、取り扱い説明書を探されたり、どこへ保管したのかわからない場合があるかと思います。

そんなお困りの際は迷わずここを開けてみてください。(下の写真の赤い矢印の箇所です)※機種により異なります。

ガスコンロ

上の写真の↑箇所は電池ケースカバーになります。

どの機種においても電池がセットされているところの蓋の裏に型番シールが貼られていることが多いです。

※機種によっては、押したらニョコっとでる操作キーの側面やその周辺に型番シールが記載されている場合もあります。

写真のガスコンロ(3つ口)はリンナイ株式会社様の商品になります。

電池ケースカバー蓋裏

上の写真のように、蓋(電池ケース)を開けて頂きましたらこのようなシールが貼られています。

お客様から直接メーカーへ修理手配される場合でもこの型番が必要になってきます。

 

デザオ建設のアフターサービスでもメーカー修理が必要な(コンロ問わず)際は、必ず型番はお聞きしています。

もし、何処に貼ってあるのか?どこに書いてあるのか?わからない場合には、直接現地に訪問させて頂いて現地からメーカー修理手配等もさせて頂いたりしておりますので、その際はどうぞご安心ください。

 

 

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全133ページ中)

ページトップへ