中村 智悠 自己紹介へ

passive冷暖総会

2022/10/30(日) 中村 智悠日々のこと

皆様こんにちは。

設計部の中村です。

 

今回参創ハウテック様主催のpassive冷暖総会に参加してきました。

今回は和歌山で開催ということで行ってきました。

 

1日目は温熱環境やpassive冷暖の動向について、

2日目は大彦(株)様のモデルハウスの見学

 

2日間勉強になりましたし、これからも温熱環境について皆様に発信できたらなと思います。

 

ところで皆様「passive冷暖」はご存知ですか???

五条展示場で採用させていただいている「Passive Aircon」とは別物の空調システムですよ。

 

「passive冷暖」はいわゆる床下エアコンと呼ばれるものです。

簡単に言いますと床付近にエアコンを仕込んで床下に空気を送り込むというものです。

 

通常床を温めるにはシート状の電熱線を敷きこんだり配管を通して温水を流したりといわゆる床暖房がよく使われると思います。

passive冷暖は床下に温かい空気を送り込み床全体を温めることができます。

大きな違いとしましては床暖房は敷き込んだ箇所しか温まらないの場所によって温度差が大きく生じますが、

passive冷暖は床全体を温めるので場所によっての温度差は少ないです。

さらに吹き出し口を床に設置することで床下の空気で部屋も暖めることができます。

 

一般的な床暖房よりも室内環境がかなり良くなります。

 

また、passive冷暖とあります通り冷房もできます。

冷房は床下に送り込んだ後、ポンプで冷気を持ち上げ、天井付近から部屋に送ります。

 

デメリットとしましては

・冷気は下に行く性質があるので持ち上がらない可能性がある。

・夏は床下が冷えるようになる。

 

2階だけ各部屋壁掛けエアコンで対応する等の対応が必要です。

床下が冷えると不快感を感じる方もいらっしゃるかと思いますので少し難しいですね。

 

気になる方は「passive冷暖」は北野展示場”とこしえ”に採用されていますのでどうぞご来場ください。

 

以上でした。

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

1ページ (全206ページ中)