スタッフブログ

フェイクも使い方次第

佐藤 三紀雄 自己紹介へ

こんにちは

設計の佐藤です。

建築の材料は色んな種類があり、どんどん新しい商品が開発されています。

日進月歩!  四字熟語を使ってみました・・・

 

材料の中には、自然のものを加工してそのまま使う物から、それに似せてつくっている物、所謂フェイク材料というものもあります。

 

フェイクと言ってしまうと悪いイメージになってしまいますが、建築材料は意外に多いと思います。

けして粗悪なものというわけではありません。

どちらかというと本物に似せながら、材料の変形・くるいを少なくする等の目的もあります。

高価な自然のものに、素材感や色などを合わせて、より本物に近づけられるように、建材メーカーは研究を重ね、商品化して安価に提供して頂いています。

 

特に木目に関する技術は、昔とは比べものにならないぐらい進歩しているように思います。

 内装

 上の写真は事務所のミーティングルームです。

私を除けば、とても上質な空間に仕上がったと思います。

 

扉は木目調の一般的なものを使用して家具っぽく仕上げています。

床も土足用のシート系の材料で壁・天井はクロスになっています。

 天井の木目のクロスは、あえて底目地という凹みをとっています。

それによって、立体感が生まれて、より上質に仕上がっていると思います。

 

本物には本物の良さがあります。

しかし材料の使い方によっては、本物を使わなくても 良く見せることが出来ます。

使う場所・用途やコスト等を考えてつくっていくことが大事ですね。

 

 

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全115ページ中)

ページトップへ