河田 和樹 自己紹介へ

京都市「さんさんポイント」創設!!

こんにちは、設計営業の河田です(^^)

つい先日まで冷房をかけていたのに、先日車で暖房をかけました!

ほんと、エアコンなしで過ごせる時期ってわずかですよね(>_<)

全館空調の冷暖房の切り替え時期も悩むところです。

 

さて、先日京都市より「さんさんポイント」(京都再エネクラブ)のはがきが届きました。

何それ??って感じですよね(^-^;

私も実際届いたはがきを見た時、その制度自体はじめて知りました(^-^;

まだまだ浸透前だと思いますので、今回は把握できている範囲でその内容をお届けしようと思います。

はがき

※このはがきが届く対象は、太陽光発電を設置している家庭。

創設の背景は以下の通りです。

京都では「2050年二酸化炭素排出量正味ゼロ」となる脱炭素社会が生活の質の向上持続的な経済の発展とともに実現される「将来の世代が夢を描ける豊かな京都」を目指し、再生可能エネルギーの普及拡大に取り組んでいる。

この取り組みに伴い、創設された制度となります。

制度の概要としては、

太陽光発電設備などの新たな導入支援をはかるため、太陽光発電設備から生まれる再生可能エネルギーを時価消費することで生じる「環境価値」を金銭価値化し、市内の商店街等で利用できる地域ポイントとして還元する

ということです。

さんさんポイント仕組み

しくみとしては上記図の通りです。

太陽光発電を設置した家庭において、自家消費した分を運営管理者に報告し、それを「環境価値」としてまとめ、その「環境価値」を必要とする市内の企業に売却し、その売却益をポイント化して「さんさんポイント」として家庭に還元する。そしてそのポイントは市内の加盟店で利用することができる。

という仕組みです。

還元されたポイントは1ポイント1円として利用できます。

また、令和4年4月1日~令和5年3月15日までに太陽光発電システムと蓄電池(V2Hを含む)をセットで設置した家庭には、1申請につき、20万ポイント(20万円相当分)が還元されます。

結構大きいなポイントですね。

ポイントの利用については市内の加盟店とのことですが、一般的なQRコードによる決済と同じような仕組みのようです。

 

これから本格的に動きがある制度になりますので、また情報があればお伝えしますね。

詳しくは下記京都再エネクラブのホームページをご覧ください。

>>>【京都再エネクラブ】<<<

 

では、今回はこのあたりで。。。

 

京都再エネクラブ, 2022. https://kyoto-repoint.jp, (参照 2022-10-11)

【広報資料】さんさんポイント加盟店の募集について,2022.https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000301917.html, (参照 2022-10-11)

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

1ページ (全207ページ中)