山本 眞仁 自己紹介へ

全館空調について

こんにちは。注文住宅事業部の山本です。

猛暑日が続いておりますので、外出時はタオルを手放せません!笑

皆様は熱中症にならないようお身体ご自愛ください。

 

そんな暑い中、先日、全館空調の研修に行って参りました。

テレビCMでも放送されている「Z空調」です。

皆様はご存知でしょうか?

Z空調」は、全館空調の全国シェアNo.1で俳優の斎藤工さんと

山本耕史さんがCMキャラクターを努めていらっしゃる全館空調の1種です。

 

全館空調には様々な種類やシステムがありますが、共通して言えることは何だと思いますか?

私は大きく分けて「健康」「快適」だと思っております。

 

何が「健康」かというと…

・「ヒートショックのリスク軽減」

・「夏バテ、熱中症のリスク軽減」

 

・「ヒートショックのリスク軽減」

ヒートショックとは、冬場に起きる現象の一つです。

暖かいリビング→寒い脱衣場→暑い浴槽 と移動をした際に、血圧の上下が激しくなり、心筋梗塞や脳卒中を引き起こすという現象です。

入浴の際に気絶し溺れるといった事も起こっております。

実際、年間でヒートショックが原因による死亡事故は交通事故の約4倍と言われております。

脱衣場も含めた全部屋の温度ムラを無くす事で、血圧の上下を減らし、ヒートショックのリスク軽減に繋がります。

 

・「夏バテ、熱中症のリスク軽減」

今の時期はすごく大切な事かと思います。

夏バテや熱中症の原因の一つとして睡眠不足が挙げられます。

夏場、暑くて安眠できない・途中で起きてしまうなど、経験された事はないでしょうか?

睡眠が不足していると疲労回復が少なく、免疫力の低下に繋がります。

また集中力の低下や居眠り運転などの事故に繋がる可能性もございます。

昨今のニュースでも自宅で熱中症を発症し死亡するなどの事故が発生しています。

睡眠は健康に直結しています。

全館空調にする事で、どの空間に行っても一定の室温を保つことで身体的ストレスを軽減する事ができます。

 

何が「快適」かというと…

・建物内で温度差が少ない

・夏場の湿度軽減

 

・「建物内で温度差が少ない」

ヒートショックのリスク軽減だけでなく、帰宅した際やトイレに行った際に温度差によって不快に感じるはありませんか?

イライラしてしまうなど、精神的ストレスにも影響があります。

家は一番心が安らぐ空間で有ることが大事だと思います。

 

・「夏場の湿度軽減」

全館空調は常に建物全体の空気を動かし、同時に換気も行っています。

湿気により発生するカビやダニが原因でアトピーや気管支喘息などの症状が悪化する事があります。

実際、全館空調によって症状が軽減したという例もあるようです。

シンプルにジメジメすると不快に感じるかと思います。

暑い夏を快適に過ごすことができると感じました。

 

と…

良い事ばかりお伝えしましたが、私自身が体感して、感じたこともお伝えします。

個人的にですが、暑がりな私には少し物足りないように感じました。

スーツを着ていた事も有るかと思いますが、体感温度には個人差があります。

ご家族で特に体感温度に差が有る方は扇風機や着衣を薄手、厚手に調整するなど事前に話し合いは必要かなと感じました。

 

研修報告のようなブログになりましたが、参考にしていただけましたら幸いです。

 

なお弊社でも「Z空調」や「パッシブエアコン」など全館空調の取り扱いをしております!

是非、この機会に全館空調を検討してみてはいかがでしょうか?

 

では、また次回お会いしましょう。

 

 

 

 

京都で注文住宅を建てるならデザオ建設におまかせください

イベント情報

フォトギャラリー

暮らしづくりのコンセプト

モデルハウス案内

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

1ページ (全206ページ中)