河田 和樹 自己紹介へ

こどもエコすまい支援事業の予算増額!!

こんにちは、設計営業の河田です(^^)

今日は4年ぶりのびわ湖大花火大会です!!

滋賀県の夏の風物詩がようやく戻ってきましたね!!

着々とコロナ前の生活に戻っていくことが、本当に幸せに感じます(^^)

午前中に訪問先から山科の本社に戻るのに、やたらと渋滞をしており、えっ、もう渋滞してるの??

と思いましたが、これは事故渋滞でした(^-^;

その際に信号待ちをしていると、ふとお店の前のポスターが目に入ってきました。

これです。

メッセージ

かなりの頻度で通る道なのですが、初めて気がつきました(^-^;

ほんとそうやなぁーーと、しみじみ感じました。

住宅業界に入り17年が経ちますが、まだまだ初めて知ることも多くあり、また新たに出てくることもありで、日々勉強という感じです!

これがすべてわかることだらけになると、それはそれで面白くないのだろうなぁと思います。

知らないことがあるからこそ探求心や好奇心が生まれ、人生が楽しくなるのだと思います!

そんな気づきもあり、渋滞も考え方によっては悪くないなぁ、感じました(^^)

 

さて、話は変わりますが、先日7月27日に「こどもエコすまい支援事業」の予算増額が決定しました。

8月には予算上限に達するのでは、と言われていましたので、もう少し大丈夫そうですね!

209億円の増額で、期間としては1か月~1か月半程度伸びるのではないかと思います。

今回の新築住宅における複雑な申請を必要としない、一定の性能を満たすことで取得できる国の補助金としては、私が記憶している中では最も高額になりますので、何とか使いたいですね!

これから計画をスタートされる方向けに、是非次期も同じ内容で継続してほしいと心から思います。

 

興味本位でこれまでの補助金(対象:新築住宅)の歴史をまとめてみました♪

私の記憶が正しければ、以前に家電エコポイントの制度があり、その後に住宅版として住宅エコポイントができたのがスタートかと思います。

① 2010年3月-2011年12月 住宅エコポイント 30万ポイント(太陽光発電設置で+2万ポイント)

② 2011年10月-2012年9月 復興支援・住宅ポイント 被災地30万ポイント、その他の地域15万ポイント(太陽熱利用システム設置で+2万ポイント)

③ 2014年12月-2016年3月 省エネ住宅エコポイント 30万ポイント

 〈この後少し補助金のない期間がありました。〉

④ 2019年10月-2020年3月 次世代住宅エコポイント 35万ポイント

 上記、コロナ対策として2020年4月-2020年8月 まで延長

⑤ 2020年12月-2021年10月 グリーン住宅ポイント 30万-100万ポイント(ポイント加算制)

⑥ 2022年 こどもみらい住宅支援事業 60万円-100万円(省エネ性能による)

⑦ 2023年 こどもエコすまい支援事業 100万円

 

やはり振り返っても、今回は過去最大の補助金額ですね!

土地も資材も価格が上がっている為、是非継続を願いたいものです!!

 

では、今回はこのあたりで。。。

 

 

京都で注文住宅を建てるならデザオ建設におまかせください

イベント情報

フォトギャラリー

暮らしづくりのコンセプト

モデルハウス案内

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

1ページ (全209ページ中)