スタッフブログ

河田 和樹 自己紹介へ

住宅ローン減税特例、2年延長!?

こんにちは、注文住宅事業部の河田です。

今日で10月も終わりですね~♪

今年も残すところ後2ヶ月です!

今年は新型コロナによって大きく世の中が動いた年でした。

まだまだこの状況は続いていくと思いますが、まずは2020年をしっかりと締めくくれるよう、公私ともに充実した2か月を過ごしたいですね!

 

さて、住宅における減税措置の中で最も額も大きく注目されている「住宅ローン減税」について、先日情報が入りました。

消費税増税における住宅業界の景気対策として10年から13年に3年間の延長をされていた住宅ローン減税ですが、もともと2020年の12月31日までの入居が条件でスタートしました。

これが新型コロナの影響で2021年の12月31日までの入居(新築の場合2020年9月30日までの請負契約)、の1年入居時期の延長がされました。

で、今回これがさらに2022年の12月31日までの入居、に延長する方向で財務省・国交省が調整に入ったということです。

【日本経済新聞10/27記事】

ここで気になるのは請負契約期限です。

こちらも調整中とのことですが2021年の9月30日までになるのではないかと言われています。

住宅購入を検討されている方からすると、とてもありがたいことですよね!!

こちらはあくまでも調整に入ったということなので100%決定ではないですが、しっかりと発表された段階でまた報告させていただきますね!

 

では今回はこのあたりで。。。

 

 

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全137ページ中)

ページトップへ