スタッフブログ

こんにちは

北野展示場の梅本です。

 

本日は、初体験!の祭事についてお話したいと思います。

 

建築行う場合の祭事と言えば、

①地鎮祭 ②上棟式 ③お引渡し式(入魂祭)が定番ですが

今回は、今お住まいのご自宅を取り壊す前の”お祓い”を

修験本宗(天台宗)の住職様により行われました。

 お祓いお祓い

お寺のご住職ですが、修験者の方です。

ユニークなご住職で最初に、「ほら貝吹いた事有りますか?」と訊ねられ

勿論そんな経験は無いですと答えましら

「今から吹くよ、いい音するよ」と申されました。

吹かしてもらえるのではないのかと密かに思いましたが(笑)

 

その後に、いつも神主さんが読まれる、(【祝詞】のりと)を読まれ。

神社さんと同じなんだなと思っていますと、

お祓い

次に【お経】が始まりました。お経とくればつぎは

 お焼香ですよね。それも有りました。

お祓い

3回行うと思うのです、その意味は、現在、過去、未来に対し行うのだそうです。

 

終わった後、ご住職にお話しを伺うと、神仏習合の考え方の様です。

耳にしたことは有りましたが、目の当たりにするのは初めてで、

29年間この仕事に携わってきましたが、初体験をさせて頂きました。

 

色々な”お祓い”の仕方があるのだなあと、再認識致しました。

神仏のご加護の中、きっと素晴らしい家が出来ると確信しました。

 

 

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全96ページ中)

ページトップへ