峠下 順祐 自己紹介へ

ご高齢者の売却意思能力について

こんにちは、不動産流通部の峠下です。

今回は、売却時の意思能力のお話しをします。

 

不動産の意思能力については、特にご高齢の方が売主の場合の

売却時の意思能力が問題になる場合があります。

 

実際の仲介の現場でも、お子様から親御様の不動産の売却査定相談を受け、

実際売却の依頼を受ける段になって、実は親御様がご入院されていると

聞くこともあります。

簡単な気持ちで依頼者のお子様と病院にうかがい、

親御様にお会いすると実は、重度に意思能力に疑念がある場合があったりもします。

 

お子様から、例えそれが病院代や介護費用にあてるためと言われても、

このような場合には、売却受託することはできません。

 

基本司法書士と一緒に再訪して、司法書士の先生に意思能力を確認していただき、

そのうえで手続きを進めることが大事です。

 

親御様の思い、お子様の思いをつなぐため、税金対策だでなく、

例えば認知症などになる前の相続対策なども

各種専門家をまじえてご提案しております。

よろしければお気軽にご相談くださいませ。

 

デザオ建設 本社(京都市山科区)

 

 

 

 

 

 

 

京都で注文住宅を建てるならデザオ建設におまかせください

イベント情報

フォトギャラリー

暮らしづくりのコンセプト

モデルハウス案内

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

1ページ (全209ページ中)