スタッフブログ

いつもお世話になっております。アフターサービス事業部の吉川です。

マンション・アパートの共同住宅で、水のトラブルが!

その場合、まず止水栓を閉めてください!!!

配管-1

 配管-2

20~30年のマンション・アパートの共同住宅などで、

配管水漏れのピンホール(穴が開いた)相談がよくあります。

 

その場合は、土間下に配管を修理するのは大変難しいのです。

今回は、そういった場合の主なメンテナンス方法を紹介します。  

 

①ピンホール位置を特定しその部分を修理

②ピンホール位置が特定できない場合は土間下配管をstopして天井裏や部屋内に新たに露出配管を作って対応

 

ケース1

3階建共同住宅(築30年以上)

2階居住者より、床がドッジボールみたいに膨らんできた。

原因は、その部屋の給湯配管のピンホール

→②で対応しました。

 

ケース2 5階建共同住宅(築25年以上)

4階の共同廊下より水漏れ

原因は5階の給湯配管部分よりピンホール

→②で対応しました。

 

ケース3 7階建共同住宅(築40年以上)

 5階壁内にて水漏れ

→①で対応しました。

 

最近は、オーナー様から事前に点検してもらえないかとお声を頂いたりします。

点検も随時行わせていただきますので、お気軽にお声がけくださいね。 

 

 最後に・・・

桜を今年見逃した方、こちらの写真でどうぞ!

 配管11-5

 

 

 

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全65ページ中)

ページトップへ