西川 隆行 自己紹介へ

ご存じでしょうか? 新築住宅で住宅ローン減税を受けるには省エネ性能が必須となります!

住宅ローン控除とは、消費税増税にともなう税負担を軽減する制度ですが、2021年をもって終了の予定だった住宅ローン控除ですが、

2022年の税制改正により、住宅ローン控除を利用できる期間が2025年まで4年間延長されました。

所得税からの控除が受けられるため、マイホーム購入(建築)される方にとってメリッの大きな減税制度です。

住宅ローン控除を受けるためには、取得したマイホームに2025年末までに入居しなければなりませんので、おそくとも2025年末までに入居ができるように、建設会社などとも相談のうえスケジュールを調整することが大切です。

また、20241月以降に建築確認を受けた新築住宅で住宅ローン減税を受けるには省エネ性能が必須となります!

2023年度税制改正により、原則として20241月以降に建築確認を受けて新築された住宅は、省エネ基準に適合することが住宅ローン減税の必須要件となりました。

新築住宅の場合、2023年入居であれば、長期優良住宅・認定低炭素住宅・ZEH水準省エネ住宅・省エネ基準適合住宅および、省エネ基準に適合しない「その他の住宅」も、控除率0.7%、控除期間13年うけられましたが、2024年および2025年入居では、省エネ基準に適合しない「その他の住宅」は、住宅ローン減税が0円で住宅ローン控除をうけられませんので、特に注意が必要です。

例外として、20231231日までに建築確認を受けたこと、2024年6月30日までに竣工済である場合は、少額となりますが、住宅ローン減税の適用対象になります。

まとめとして、2024年1月以降に建築確認を受けた新築住宅について、 住宅ローン減税を受けるには、省エネ基準に適合する必要があります。

原則として、省エネ基準適合住宅以上の住宅であることの証明書 が必要となりますので、弊社、スタッフにお尋ねください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

参照:国土交通省HP

https://www.mlit.go.jp/report/press/house02_hh_000172.html

 

 

 

 

 

京都で注文住宅を建てるならデザオ建設におまかせください

イベント情報

フォトギャラリー

暮らしづくりのコンセプト

モデルハウス案内

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

1ページ (全207ページ中)