スタッフブログ

三世代同居・近居をお考えの方へ

河田 和樹 自己紹介へ

こんにちは、注文住宅事業部の河田です(^^)/

子供が夏休みに入り、休みのたびにプールに行っておられる方も多いかと思います。

私も先週行ってきました!!亀プーへ(^^)

京都市内ですと夏のレジャーはプールって感じなのですね!

私自身は京都の北部京丹後市の出身なので、夏といえばプールではなく「海」でした。

友だちと砂浜で戯れていたのが懐かしいですね!!

 

さて、今回はこの7/1に施行された京都市の補助金のご案内をさせていただきます。

 『京都市三世代同居・近居住宅支援モデル事業補助金』

この補助金の対象となる方は「これから3世代での同居・近居をご計画の方」です。

3世代が互いに助け合いながら、子育て期を働きやすく、また高齢期を安心して過ごすこのが出来る住環境をつくり、京都市内への移住および定住を促進する。

というのが京都市のねらいで、市民にとってはとてもいい補助金制度で、新しい試みです!!

また「近居」が入っているのもこの補助金のポイントですね!! 

「近居」とは直線距離で2㎞以内に居住するということで、一緒に住んでなくても良いということです!

ちなみに「3世代」の考え方は、親子および祖父母です。

子については18歳(18歳に達するまでの以後3/31までの者)までで妊娠中の子も含みます。

 

では、どういった事業に対していくら補助金がでるのか?

 ●住宅リフォーム・・・3世代同居または3世代近居をするための住宅リフォーム

   補助対象経費の1/2(最大100万円)※老朽化による補修などの工事は対象外です

 ●住宅購入・・・3世代同居または3世代近居をするための住宅購入にかかる仲介手数料

   補助対象経費の1/2(最大40万円)

   住宅購入について、土地を購入してそこに新築される場合は土地購入の際の仲介手数料が対象となります

★対象者の条件・・・子の親権者の年収の合計が750万円未満

          祖父母世帯及び親子世帯が市税および府税を滞納していない

 

申請期間は平成30年7月2日~平成30年9月14日となり、審査後、交付決定されてからの工事スタートになります。

また工事完了後、平成31年3月10日までに実績報告をする必要があります。

実績報告には住民票、住宅購入の場合は建物謄本も必要になりますので、すこし余裕を持った工期が必要ですね。

是非この期間に3世代同居・近居を計画される方は使っていいただきたいと思います。

 より詳しく知りたい方は京都市のホームページに出ていますので下記にリンク貼っておきますね。

 http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000238597.html

 

補助金については毎年同じものがあるとは限らないので、情報収集がとても重要になってきます。

デザオ建設では建物もそうですが、資金面でも損をしない家づくりをご提案させて頂きます!!

まずはご相談ください<m(__)m>

では今回はこのあたりで。。。

 

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全85ページ中)

ページトップへ