山本 眞仁 自己紹介へ

無垢材のメリット・デメリット

こんにちは。注文住宅事業部の山本です。

 

金木犀が咲き、いい「香り」に秋の訪れを感じております。

そのような「香り」には好みが有ると思いますが、

木の「香り」が苦手な方は少ない印象です!

 

弊社展示場では、無垢材を使用した建物も多く、

来場された方は、すごくいい香りとおっしゃっていただいてます。

 

今回のブロクは、無垢材のメリット・デメリットをお伝え致します!

 

無垢材のメリット

・香りが楽しめる

・杉などの柔らかい材質のものは足の裏に馴染むので、踏み心地がいい

・断熱性もあるので、床が冷え切らない

・ウォルナット系など硬い素材は樹種の特性上、木目が特徴的な物が多く、

 見た目としても楽しめる

 

無垢材のデメリット

・定期的な手入れが必要

・水や油に弱いので、汚れが目立ちやすい

・傷が目立ちにくくなるウレタン系塗装をすると、無垢材としての質感を失う

 

デメリットも考え方次第では、傷や汚れなどは風合い・思い出と思う事もできます。

定期的な手入れの塗装はDIYやお子様と一緒に楽しんでいる方もいらっしゃいます。

 

無垢材のメリット・デメリットについてお伝えしましたが、

木の特徴を捉えつつ、手入れが少ない「挽板」「突板」の

フローリングもご提案しております。

 

シートの木目調も印刷技術が上がり、パッと見、区別がつきにくくなってます。

 

お客様の需要にあった素材をヒアリングを通してご提案致します。

このような素材の話は、もちろん床材だけではありません。

 

壁材や外壁材、屋根材、給湯器など多岐にわたります。

 

是非、素材・機器などもご相談いただけたらと思います!

 

では、また次回お会いしましょう。

 

 

京都で注文住宅を建てるならデザオ建設におまかせください

イベント情報

フォトギャラリー

暮らしづくりのコンセプト

モデルハウス案内

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

1ページ (全207ページ中)