スタッフブログ

みなさまこんにちは!

設計部の中村です。

 

 今回は小屋裏の換気方法についてお話しようかと思います。

 

近年断熱性や気密性が良くなってきた結果、屋根に熱せられた熱や夏場の湿気が溜まりやすくなり、小屋裏(屋根裏)で結露が起こりやすくなっています。

その湿気や熱を逃がすために換気が必要となります。

 

小屋裏換気

 

だんねつ

 

基本的には計算を行い、適した物と数を入れさせていただいていますが、断熱方法によって本数を増やしたりします。

 

弊社は天井断熱を採用させていただいています。

検査や確認で小屋裏にお邪魔することがたまにあるのですが、真夏の小屋裏の暑さはなかなかなものです。(笑)

あの暑さを体験すると断熱材が効いているのだなと実感します。

換気をしていなければもっと温度が上がります。

 

直接室内の環境に関わるわけではないですが、これも大事なものです。

 

こんなところも換気しているのだなーと思っていければ幸いです。

 

以上中村でした。

 

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全188ページ中)

ページトップへ