スタッフブログ

中村 智悠 自己紹介へ

断熱性と気密性の指標

こんにちは

設計部の中村です。

 

これまで断熱性や気密性について話してきました。

ではこの断熱性や気密性は何を見たらわかるのでしょうか?

 

断熱性や気密性は数値として指標があります。

 

UA値やC値という言葉を耳に挟んだことはありますでしょうか?

 

UA値は「外皮平均熱貫流率」、C値は「相当隙間面積」です。

 

パッと言葉にされたらよくわかりませんね(笑)

 

まずUA値は

 

UA値(W/㎡・K)=外皮熱損失量(W/K)÷外皮面積(㎡)

 

で表せます。

 

これが具体的に何を示しているのかと言いますと、、、

外皮(外気に触れている壁等)からどれだけ熱が逃げているか?ということです。

なのでこの数値は小さければ小さいほど良いのです。

 

断熱がよくできていればこの数値はどんどん小さくなりますし、逆に断熱ができていなければ数値は大きくなっていきます。

 

 次にC値は

 

C値(㎠/㎡)=家の総相当隙間面積(㎠)÷建物の延べ床面積(㎡)

 

で表されます。

 

総相当隙間面積は家全体の隙間の合計です。

 

なのでこの数値は1㎡辺りどれだけ隙間があるのか?という数字ですね。

 

これはお分かりかと思いますが、小さければ小さいほど気密性能がいいということです。

 

数値が大きいと隙間だらけの家だということになります。

 

隙間だらけの家なんて嫌ですよね。

 

ちなみにC値=5.0(㎠/㎡)の30坪(約100㎡)の家の場合ははがき約3.5枚分の隙間が常に空いているということになります。

 

これで少しはイメージしやすいのではないでしょうか?

 

断熱性能や気密性能を気にされる方はこういったところから気にしてみるととっかかりやすいとは思います。

 

気になったら是非調べてみてくださいね。

 

以上でした。

 

 

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全133ページ中)

ページトップへ