こんにちは。

設計の佐藤です。

 

前回、断熱の話をしましたが、今回はもう少し掘り下げてみます。

 

冬と夏の必要な断熱(バランス)についてです。

 

結論としては、冬は断熱性能を高めれば高めるほど良いです。

日射熱がとれる窓を出来るだけ設けて、外壁・屋根などはしっかり断熱することが大切です。

断熱性能を低くすると、冬の日射が家全体に入り暖まりますが、その日射熱の効果よりも、外に逃がさない断熱効果のほうが圧倒的に効率が良いです。

 

次に夏の場合です。

まず、夏の日射量についてです。

夏の日射は太陽高度が高いため、外壁面よりも屋根面の日射量が多くなります。

ここから考えても屋根(天井)の断熱強化が有効であることがわかります。

外壁に関しては「微妙」という表現でしょうか…。

どれだけ断熱をしても、夏の日射は室内に向かいます。

この場合、断熱材は室内に入った熱を保温するという効果を持ちます。

日射量から考えて、遮る効果と保温してしまう効果の勝負が「微妙」という感じです。

 

最終的な結論として。

夏と冬のバランスもありますが、断熱性能については高いほうが良い。

というところです。

 

出来るだけ屋根(天井)の断熱材を強化する。

窓においては、冬は日射取得・夏は日射遮蔽をしっかり検討する。

また、適切な空調を検討する。*空調においては、また話していきたいと思います。

上記の事をしっかりおこない、快適な暮らしを実現したいものです。

 

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

1ページ (全207ページ中)