スタッフブログ

こんにちは

設計の佐藤です。

 

本格的に暑くなってきました。

この暑さは毎年きますが、年々長くなっているような気がしてなりません・・・

 

庇

先日、お引き渡しさせていただいた住宅です。

 2世帯住宅で、1階2階の南側には大きな開口をとっています。(1階も2階もLDK)

 ちょっとまじめに家の性能について語ってみます。

今の家は断熱性能も上がり、かなり快適な空間がつくれるようになりました。

数値上もZEH(ゼッチ)をクリアーするものです。

しかし、家全体の数値をクリアーしていても、場所場所によってはどうなのか?

 

そこには窓と庇の関係が大きく関わってきます。

日射遮蔽・日射熱利用

 窓の断熱については近年見直されていてかなり向上しています。

ただ、屋根・壁・床・窓の中で断熱性能が一番低いのが窓。

熱が入ってきたり、奪われたりする部分の大半は窓からということになります。

窓は色んな意味で不可欠です。

風通し・明るさ・開放感・また法律上必要な関係もあります。

ただ明るくしたい!という理由でむやみに窓をとると、場合によっては不快な空間をつくってしまいます。

 夏の日差し・冬の日差しをしっかり設計することで、その弱点を緩和することが大切です。

庇が深いと家も良く見えますよね!

 

京都は景観法で場所によっては難しい軒0の家(スクアエな印象の外観)も個人的には好きですが・・・

その敷地の方角や窓の配置と共に、夏の日射を遮る工夫(庇以外)も一緒に考える必要があります。

 

 

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全95ページ中)

ページトップへ