スタッフブログ

皆様こんにちは

北野展示場の梅本です。

 

本日は建築に関する式典の事について書きたいと思います。

建築の際は、

①地鎮祭:着工時のお祓い

②上棟式:棟上げ後、骨組みが組みあがったお祝いをする式典

③竣工式:完成を祝う式典

が、順次行われます。

 

①は工事の安全と無事竣工を祈願する儀式で、②と③はお祝いの意味合いが濃い式典です。

諸説ある様ですが、②は人生の三大儀式の1つと聞いた事もあります。

その3つとは、結婚式、お葬式、上棟式だそうです。

 

大半の方が、工事の安全と無事竣工する事を祈願して、①の「地鎮祭」を行われます。

一般的には神式(氏神神社へ依頼し神主様にお祓い頂く)が多く、私が今まで担当させていただいたお客様も、98%くらいは神式でした。

 

 神式 地鎮祭

こちらが、神式の様子です。

 

今回は、その残り2%にあたるものでした。

仏式の地鎮祭です。

仏式 地鎮祭1

仏式 地鎮祭2

神式では「祝詞;のりと」を読まれるのですが、仏式では勿論「お経」を読まれます。

 

 仏式 お清め

四方清めです。

 

これは神式でも仏式でも同じのようです。

北東の表鬼門より時計回りに、お神酒、洗い米、お塩の順番で清めて行かれます。

 お参りする際には、仏式の場合はやはり「お焼香」を行います。

 

信心されていらっしゃる宗教や宗派により様々だとは思いますが、厳かに執り行われる地鎮祭ではいつも、こちらも身が引き締まる思いがします。

これから始まる工事が無事竣工し、そこにお住まいのお施主様が健やかに生活される事を、ひたすらに願ってやみません。

→毎日更新!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全75ページ中)

ページトップへ