こんにちは、設計営業の河田です(^ ^)

寒暖差がキツいので体調管理を気をつけないといけないですね。

先日、この時期に九州で桜が咲いているところがある、とのニュースを見ました。

グッと冷え込む時期があって、また暖かくなると、冬から春が来たと桜が勘違いしてしまうようです。

そんなことってあるんですね^^;

 

さてこれから気温はどんどん下がり、寒い季節に入っていきます。

家では断熱と空調設備の計画、「どうやって暖をとり、それをいかに逃がさないか」ということが重要になってきます。

今回は先日お客様と一緒に薪ストーブのショールームに行ってきましたので、そのことについてお届けいたします。

訪れたのは、南区上鳥羽にある「京阪エンジニアリング」さん。

京阪エンジニアリングさんは、日本で薪ストーブを安全・安心・快適に使用できるように研究、開発、販売されている会社です。

そんな会社が京都にあることを誇りに思います。

薪ストーブの計画の際にはいつもお世話になっています。

ショールームでは実際にストーブに火を入れて体感することができます。

薪ストーブ①

薪ストーブ②

薪ストーブ③

火のつけ方から火力の調整、メンテナンス方法まで丁寧に実演、説明いただけるので、とてもわかりやすいです。

実演に使っているのは弊社でも大人気のネスターマーチンです。

以下はこれまでの弊社施工事例です。

施工事例①

施工事例②

施工実例③

デザインと実用性を考えると右に出るストーブはないんじゃないかと思います。

トップでお湯を沸かしたり、ピザを焼いたりできます♪

 

京阪エンジニアリングさんには、この機種の他にも様々なストーブの展示があります。

ストーブの展示だけではなく、その周辺の機材や道具はもちろん、空間提案のできる展示となっています。

本当は暖炉を作りたいけどメンテナンスや煤がちょっと、というお客様にもありがたいマントルピースを組み合わせて雰囲気をつくる展示もあり、とても参考になります。

マントルピース+薪ストーブ

是非興味がある方は行ってみてはいかがでしょうか。

>>>【京阪エンジニアリング】<<<

 

またデザオ建設では薪ストーブやペレットストーブを計画したお家づくりのご相談も承っております。

気になる方は、是非お声掛けくださいね。

 

では、今回はこのあたりで…

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

1ページ (全206ページ中)