スタッフブログ

河田 和樹 自己紹介へ

健康に冬を過ごすために

2019/12/19(木) 河田 和樹日々のこと

こんにちは、注文住宅事業部の河田です(^^)

この2日間くらい寒さが和らいでいましたが、今日は寒いですね(>_<)

これから本格的に寒くなりそうですが、皆さん防寒の備えは大丈夫でしょうか??

 「寒さ」は体にとっても家にとってもあまり良いことはありません。

というより、大きな問題を引き起こす要因が多くあるのです。

体にとって寒さは疾患を起こす原因でもあります。

よくあるのは「心筋梗塞」です。

ヒートショックというストレスが心臓に大きな負担をあたえ、心筋梗塞を引き起こします。

※ヒートショック・・・急激な温度差によって体に受ける影響

 実際に住宅内のヒートショックが原因で亡くなられる方は、全国で約1万7千人ほどおられます。

これは交通事故で亡くなられる方の約4倍とも言われます。

また、ヒートショックで亡くなられる方の約8割が高齢者と言われています。

これを改善するには、まずは家の中(行動範囲)の寒暖差を小さくすることです。

 新築の場合は、断熱性能を上げて熱の損失を少なくすることと、暖房範囲を家全体に広げることで解消することができます。

また太陽の熱エネルギーを窓を通して上手く取得するのもとてもよい考え方です。

既存住宅の場合は断熱リフォームが出来ればよいのですが、そうでない場合は、廊下、洗面、トイレにも暖房器具を置くことで予防することはできます。

体にとってよくない寒さですが、家にとってもよくありません。

寒さの原因である断熱不足から、寒暖差による結露が発生します。

結露はカビや木部を腐らせる原因となり建物を劣化させ、また人体に影響を及ぼします。

 

新築、リフォームをされる際は間取り、デザインも大事なのですが、健康に過ごすためにどうしらよいのか、ということも重要です。

デザオ建設では暮らしづくりをお手伝いさせていただくうえで、そのあたりもご提案させていただいております。

 

是非週末はデザオ建設のモデルハウスにお越し下さい。

では、今回はこのあたりで。。。

 

 

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧

1ページ (全131ページ中)

ページトップへ