スタッフブログ

松川 泰子 自己紹介へ

フライパンの話

2016/07/07(木) 日々のこと松川 泰子

皆様こんにちは意匠設計の松川です。

HPが新しくなりスタッフ紹介の休日の過ごし方にピラティス、ネイル、料理と書いたので

今日は料理に関する話①って感じでいきたいと思います。

皆様料理をするのにフライパンをいくつお持ちですか??どんなフライパンを使っていますか?収納の仕方は??

以前フライパンは安いものを買って使い捨てでした。

でも大切に使って一生物にしたいな~と思うようになり調べた結果 鉄のフライパンに辿り着きました。

性格上鉄フライパンはとっても気に入っています。

そこで、もうずいぶん前になるのですが「魔法のフライパン」を依頼してたのが先頃届きました。

ネットで今は24ヶ月待ちになっていると思います。

 

 ↑こんな感じで箱に入って届きました。

フライパンの表と裏です。南部鉄を薄くして軽くしたイメージです。裏のギザギザがポイントですかね?

 取手には名前が入っていて本物です。

使用感はなかなか良いです。何が魔法って鉄のフライパンなのに最初からテフロン加工されたように食材がくっつきません。

オムライスの玉子もスルッといけますよ~!! 我が家のフライパン仲間に参入です。

↓我が家のレギュラーフライパン達です。一番右の「あじねのフライパン」がお気に入りです。

                           少し深めでこちらは昔ながらの鉄フライパンて感じです。

真中上は鉄に加工凸凹が付いています。これはこれで良いです。主人はこれを使います。

下の中央2つは今流行のスキレット、これは本当優れもの。小さすぎるかと思いましたがイヤイヤ大きさもピッタリ

ハンバーグが特に美味しく焼けて眼でも楽しめます。

一番左が鉄ではなく表面加工されたものバイオタンです。焦げ付き2年補償です。

この26㎝を使っていましたが補償の切れる2年で駄目になりました。

でも上手に使う方はもっと使えると思います。優れものです。

一応蓋にもこだわっています。ガラスはパイレックスで縁に金属が付いていないものを選んでいます。

「あじねのフライパン」には専用の蓋です。

収納はタオルを挟んで重ねています。TVで見る収納のプロは立てたりされていますが

私はなんとなく片方に重量がかかる気がしてイヤなんです。

鉄のフライパンはスグに洗いたい人には向いています。私はまだあつい間にスグ洗いたいんです。

水に長い間漬けて後から洗ったり、食洗機で使う方は駄目です。

何でも向き不向きがあります。使い込んで自分のものにしていく事に楽しさを感じて頂ける方にはお薦めです。

デザオ建設の家の用に使い込む程、どんどん味が出てその人らしさのでるものを

今後もずっと追求して使っていきたいです。

次回は鍋にしましょうかね?

趣味料理と言える主婦に憧れている設計松川でした。

 

記事一覧|2016年7月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ