スタッフブログ

川端 有花 自己紹介へ

カラスと上七軒と私

2021/07/06(火) 川端 有花日々のこと

皆さんこんにちは!

気づけばもう今年も折り返しになり、時の流れの速さに驚いている北野展示場アドバイザーの川端です。

京都ではちょうど折り返しの節目に夏越の大祓がありますね。私も下半期を、そして猛暑を元気に乗り越えられるようにお祓いに行ってきました!

北野天満宮

ちょうど定休日でしたので、足を伸ばして天神さんへ行ってきました!

 

この様子は北野展示場のインスタグラムアカウントにも投稿していますので、ぜひ見てみてください!

もちろん水無月も食べました♪

 

平和な話はこれぐらいにして、今回は注意喚起も兼ねて最近展示場であった事件について書かせていただこうかと思います。

タイトルからしてもうお察しの通りですが、先日、カラスに頭を三発蹴られました。

上七軒交差点付近をよく通られる方はもしかしたらご存知のカラスかもしれません。

はい。見事に後頭部を三発やられております。たんこぶにならなかったのが奇跡です。 

上七軒交差点

(上七軒交差点参考画像)

 

朝、デザインスタジオからモデルハウスに入ろうとした時、すでに何故か二羽のカラスが上七軒交差点を低く飛行しておりました。

そのカラスが上七軒と書かれた看板に止まって上空から通行人を監視していたのですが、川端はカラスを特に攻撃する意図はなかったのでそのまま無視してモデルハウスに入ることに。

すると……

カラス襲撃

↑の図のように玄関先で襲われました。バコーン!!!!と後頭部を蹴られ、大パニックに陥りました。しかも間の悪いことに玄関の鍵を閉めていたのですぐ中には入れません。

バサバサッと後ろで羽音と明らかに怒っている鳴き声が響く中、玄関先から逃げ出しました。

七本松側に逃げ出すとカラスはまた標識に止まってこちらの出方を伺っている状況に……

川端とカラスの睨み合いが勃発していましたが、奴は空を飛べるため川端はどう考えても不利です。

ですが、私は展示場に入らないと仕事にならないため、なんとか侵入を試みました。

 

結果を言うと、そのあと後頭部を二発蹴られました。

展示場の前の木に止まって威嚇してきたので、これは正面突破は不可能と考え、川端はカラスを巻く作戦に出ました。

展示場の周りを北回りのぐるっとスーパーのガレージから抜けて隙を見て入ろうとしましたが……

その逃げている最中で二発蹴られました。

今までカラスの攻撃はくちばしで突くものと勝手なイメージがありましたが、頭を攻撃された際に、確かに数本鋭いものが当たる感触がありましたのであれは確かに足でした。

身をもって学びました。後頭部を確実に蹴ってくる+足の先が鋭いためかなり痛かったです。

 

その後スタジオ棟に逃げ込んで、傘を借り、後頭部を隠すことで展示場の玄関に突入することに成功しました!

後から調べて分かったことですが、カラスは人間を攻撃する場合は後頭部を蹴るそうです。

ですので、傘などで後頭部を隠してしまうと攻撃する場所を見失うため攻撃できなくなるのだとか。

確かにすぐ後ろまでは迫っていましたが傘を蹴られはしませんでした。こういうのってほんとうなんだなあと思いました。

そして気分的には命からがら展示場の玄関に入りました。その時新入社員の蔵本も一緒でしたが、彼女が玄関先でとんでもないものを見つけました……

なんと、明らかに若いカラスが展示場の前に止めている電気自動車の下に隠れているではありませんか! 

 

どうやら私が蹴られた原因は、巣立ちたての雛がうまく飛べず、展示場の玄関先にいたため親カラスが雛を守るためだったようです。

そのため上七軒交差点の通行人を無差別に攻撃していたようでした……仕方ないこととは言え、かなり怖い上に痛かったです。

さらに川端が一番雛に接近したために、敵と認識されたらしくしつこく追い回されたようです。

とりあえず看板を出せるだけ出し、展示場から出ないという方針を取りましたが……

なんとカラスVS川端の睨み合い第二ラウンド勃発。

 

川端が展示場に逃げ込み数十分、なんとカラスの雛が!ドア一枚隔てた向こうに!

 

 カラス雛2

思わず撮影してしまいました。ちょっと街中で見るカラスよりふわふわしてそうでした。

私を蹴ったのはこの子の親です。

 

こんな状態では外に出られないし、何よりお客様が襲われてしまう!いくら安心安全な家とは言え、住まれるのは困る!

と市役所に相談しました。しかし、基本的には触ることはできないらしく、過ぎ去るのを待つのみとのことでした。

何とか飛び立ってもらうべく、川端も雛にガラス越しに近づいてみますが全く動じず!

どうしようと思い、ネットに助けを乞いました。

 

ネットで調べてみたところ、カラスの天敵の鷹や鷲の声を流すと飛び去るという情報を得たので玄関横の窓を少し開け、Youtubeにあった鷲や鷹の声を外に向けて流してみました。

しかし、それでも雛は動かず。ただ、親がちょっと高い位置の電柱に移動したので多少なりとも効果はあったようです。

頼むから連れて逃げてくれと思いましたが、もう打つ手なしとその日はもうあきらめて放置するしかなく……

幸い、数時間後には飛び去ってくれたようですが、それでも近隣にいたようで上七軒交差点付近ではカラスに襲われる方が多かったです。

 

カラスの雛が飛び立つシーズンはこれからまだ少し続くようです。

私が襲われたのはもう一週間以上前なのですが、実はこのブログを書いている間も上七軒交差点付近でカラスが激しく鳴いています。

同じカラスなのかどうかは不明ですが、皆様この時期に激しく鳴いている、低空飛行しているカラスを見たらご用心くださいませ。

北野展示場でも一応対策はしてみましたが、自然界の事情ということでどうにもできないため、意識して危なそうであれば近づかず迂回する他ないです。

 

傘をお持ちでしたら、鳴き声がした時点で傘をさすことをお勧めします。

ほんとに蹴られるとかなりの衝撃を頭に受けますし、足の先はかなり鋭いのでお子様をお連れの場合は特にご注意ください。

川端はその蹴られた日の午後は首がむち打ちのような状態になりました(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

もちろん展示場の中は安全なので、安心して入ってきていただければと思います!

以上、北野展示場より川端がお送り致しました!

 

 

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧|2021年7月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ