スタッフブログ

川勝 裕 自己紹介へ

長期優良住宅認定制度の今後!

2021/10/18(月) 日々のこと川勝 裕

みなさんこんにちは!設計の川勝です。

新型コロナウイルスの感染者数が減ってきました。季節の変わり目でもあるので体調管理に注意しましょう!

 

国土交通省は、長期優良住宅の認定制度で新たに災害配慮基準を設け、2022年2月に施行する。

土砂災害や津波、洪水など地震以外の災害リスクを認定基準に追加する。災害の危険性が特に高いエリアは認定対象から除外されることになりそうです。

長期優良住宅は、長期優良住宅法に基づくもので、長期にわたり良好な状態で使用するための構造・設備を有しているなどの措置がとられている住宅。

建築と維持保全の計画を作成して所管行政庁に申請し、基準に適合すれば認定されます。

又、【フラット35】については、2021年10月以後の設計検査申請分より、土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)内で新築住宅を建設または購入する場合、【フラット35】Sがご利用いただけなくなります。

以上です。

 

→施工事例がみられる!インスタグラムはこちら

→イベント情報やお役立ち情報を配信☆Facebookはこちら

→デザオ建設の家づくりがわかる資料はこちら
資料請求

記事一覧|2021年10月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ